自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

国立天文台三鷹地区特別公開

三鷹・星と宇宙の日2018

「三鷹・星と宇宙の日2018」を2018年10月26日(金曜日)・27日(土曜日)に開催!

「三鷹・星と宇宙の日」は、自然科学研究機構 国立天文台、自然科学研究機構 アストロバイオロジーセンター、東京大学天文学教育研究センター、総合研究大学院大学天文科学専攻の特別公開イベントです。今年の開催日は、10月26日(金曜日)と27日(土曜日)です。26日はプレ公開として限定的な規模で、27日は本公開としてキャンパス全域で開催します。三鷹キャンパスの豊かな自然の中で、楽しいひとときをお過ごしください。

開催概要

日時
2018年10月26日(金曜日)午後2時から午後7時[プレ公開]
2018年10月27日(土曜日)午前10時から午後7時[本公開]
会場
国立天文台三鷹
東京大学天文学教育研究センター(国立天文台三鷹に隣接)
三鷹市星と森と絵本の家(国立天文台三鷹に隣接)
アクセス
東京都三鷹市大沢2-21-1 (アクセス方法)
テーマ
太陽系再発見
おもな内容
施設公開、講演会、最新の研究成果の紹介、天体観望会、工作、実験、スタンプラリーなど
10月27日(土曜日)の「星空ひろば」の開始時刻は午後4時に変更となりました。
お願い
  • 入口は、両日とも国立天文台正門一カ所のみです。三鷹市星と森と絵本の家にお越しの方も正門からご入場ください。
  • 当日は自転車とバイクの駐輪場があります。自動車での来場はご遠慮ください(10月26日、27日は、国立天文台の来場者用有料駐車場はご利用いただけません)。
  • 各イベントの整理券は原則としておひとり様1枚のお渡しです。代表者がまとめて受け取ることはできませんので、グループの方がお揃いになってからお並びください。
  • ペットを連れての来場はご遠慮ください。補助犬(盲導犬、介護犬等)は可能です。
  • お体の不自由な方で自動車での来場を希望される場合は、お問い合わせください。別途対応させていただきます。

講演会ライブ配信

「東京大学アタカマ天文台第1期装置?すばる望遠鏡でファーストライト!」
上塚貴史(東京大学 特任研究員)、
高橋英則(東京大学 特任助教)

10月26日(金曜日)午後4時15分〜

YouTubeで視聴する

「地上望遠鏡で探る太陽系の小さななかまたち」
大澤亮(東京大学 特任助教)

10月27日(土曜日)午前11時30分〜

YouTubeで視聴する

「平山族と古在振動 -小惑星の研究を変えた日本の力」
伊藤孝士(国立天文台 助教)

10月27日(土曜日)午後1時〜

YouTubeで視聴する
ニコニコ生放送で視聴する

「はやぶさ2が初めて目にした小惑星リュウグウの姿」
竝木則行(国立天文台/総合研究大学院大学 教授)

10月27日(土曜日)午後2時30分〜

YouTubeで視聴する
ニコニコ生放送で視聴する

三鷹・星と宇宙の日の最新情報はツイッターで発信!

三鷹・星と宇宙の日フォトレポート

三鷹・星と宇宙の日の様子をインスタグラムでご紹介!

フォトレポートに参加しよう!

ハッシュタグ#naojdayをつけてSNSに投稿してください。ハッシュタグを付けて投稿した方に、当日会場にてフォトレポート隊がちょっとした記念品をプレゼントします。フォトレポート隊は、ハッシュタグを背中に貼った「はっぴ」を着ています。気軽に声をかけてみてください。

三鷹・星と宇宙の日フォトレポート

よくある質問

車で行けますか?

お車での来場はお断りしております。来場者用有料駐車場は、10月26日(金曜日)、27日(土曜日)ともにご利用いただけません。自転車か、公共の交通機関をご利用くださ い。お身体の不自由な方で、車以外での来場が難しい方は、別途お問い合わせください。

自転車やバイクで行けますか?

自転車、バイクでの来場はできますが、歩行者の安全確保のため、正門前スロープ~駐輪場~正門前スロープは、自転車、バイクを押して移動していただくことになります。坂を押してあがれない大型バイクのために、裏門付近に駐輪場を用意しています。係員の指示に従ってください。

ご来場者の入場は、自転車、徒歩ともに正門からのみです。絵本の家のご来場者も正門から入場し、自転車等は国立天文台の駐輪場に駐輪をお願いします(絵本の家の駐輪場はご利用いただけません)。

講演会の座席は予約できますか?

できません。会場前でも展示を行っていますので、開場時間前に会場前に並ぶこともご遠慮いただいています。

満席になった場合は、入場をお断りしております(大セミナー室の座席数は220~230程度)。インターネット中継をご利用ください。

観望会では何を見るのですか?

50センチ公開望遠鏡では、昼間は1等星や惑星、夕方からは惑星を予定しています。天候や雲の状況によって、観望会の中止や観望天体を変更することがあります。

50センチ公開望遠鏡での観望には定員があり、両日とも整理券が必要です。

グラウンドでは望遠鏡業者や協力団体が、小型望遠鏡での天体観望を行う予定です。こちらは整理券は不要です。

観望会の整理券は1人何枚までもらえますか?

50センチ公開望遠鏡の整理券は、1人1枚の配布となります。代表が複数枚受け取ることはできません。

前回の様子:三鷹・星と宇宙の日2017:冷たい雨に負けない熱気!3000名をこえる来場者に沸いた二日間

三鷹・星と宇宙の日 PRムービー