自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

ほしぞら情報

注目の天文現象

ペルセウス座流星群が極大

2018年のペルセウス座流星群は8月13日10時頃に極大を迎えると予想されています。今年は8月11日が新月のため月明かりの影響はまったくなく、たいへんよい条件で流星を観察することができます。

        

火星大接近

7月31日に火星が地球に最接近しました。最接近時の火星と地球の間の距離は5,759万キロメートルです。6000万キロメートルよりも近い距離まで近づくのは2003年の最接近以来15年ぶりです。

  

8月

9月

2018年のほしぞら情報一覧 ほしぞら情報一覧