自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

研究活動

国立天文台は、日本の天文学研究の拠点としてさまざまな研究活動を行なっています。

概要

国立天文台は、天文学に関する日本の研究機関です。日本の天文学の拠点として、天文観測機器の共同利用を軸にさまざまな研究活動を行なっています。
近年では特に、アルマ望遠鏡やすばる望遠鏡をはじめとした大型の共同利用装置の開発・運用と研究を強力に推進しています。スーパーコンピュータによる理論天文学も活発に行っており、観測と理論の両面から天文学の発展に貢献しています。

なぜ、さまざまな望遠鏡が必要なのか?

国立天文台は、観測波長もサイズも多様な望遠鏡を開発・運用しています。なぜ可視光線や電波などいろいろな波長の電磁波で宇宙を観測するのでしょうか?なぜ、より口径の大きな望遠鏡を建設して宇宙を観測するのでしょうか?その理由と天文学者の取り組みをご覧ください。

研究トピックス

国立天文台の研究成果、活動を分かりやすく紹介するために短編映像集を制作しました。