自然科学研究機構 国立天文台

火星が地球に最接近(2022年12月)

50センチ公開望遠鏡で撮影した火星(2020年10月1日撮影)
50センチ公開望遠鏡で撮影した火星(2020年10月1日撮影)
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265)

約2年ぶりの火星観望の好機

夜空で赤っぽく輝く火星は、地球の一つ外側を公転している惑星です。この火星が約2年2カ月ぶりに地球と接近し、観察の好機を迎えます。

2016年から2035年の地球と火星の位置と距離
画像サイズ:中解像度(2000 x 2000) 高解像度(5500 x 5500)

今回の火星と地球の最接近は12月1日11時頃です(注1)。このときの火星と地球の間の距離は約8145万キロメートル(注2)で、これは最接近としては中くらいの距離と言えます。また最接近の時の火星の視直径(注3)は約17.2秒角で、これはいわゆる「大接近」(注4)と呼ばれた2018年7月31日の最接近時の約24.3秒角と比べると、7割程度に相当します。

最接近の頃の火星の明るさはマイナス1.9等です。ただ12月6日から9日頃の方が若干明るく、マイナス2.0等に達します(注5)。なお、11月中旬から12月下旬にかけてマイナス1.5等以上の明るさを保ちますので、比較的長い期間において夜空で目立って見えることでしょう。

火星最接近の日の星空 2022年12月1日5時頃と22時頃 東京の星空
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

深夜に空高く輝く火星

最接近の頃の火星は、夕方空が暗くなり始めた頃に東北東の低い空に見え始めます。時間とともに空の高い位置に昇っていき、真夜中の頃に南の高い空で南中(注6)します。その後は時間とともに西の空に移って高度を下げ、西北西の低い空で夜明けを迎えます。こうして、ほぼ一晩中観察することができます。

今回の最接近では、いわゆる大接近(注4)と呼ばれるような時と比べると、望遠鏡を使って見たときの火星の大きさや、その明るさでは、少々控えめなものとなっています。しかしながら、南中高度(注6)では約80度にまで達し(東京の場合)、天頂近くの高い空に輝く火星を見ることができます。これは太陽の通り道である黄道が最も北に寄っている付近で、火星が最接近することによります。観察する場所の近くに高い建物や高い木があっても、ほとんどの場合で邪魔されずに見ることができるでしょう。

なお、火星の星座の中での動きなどの話題は「火星が見頃、月が火星に接近(2022年12月)」のページで解説していますので、こちらもあわせてご覧ください。

(参照)