自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

太陽観測衛星「ひので」

太陽観測衛星「ひので」とは

太陽観測衛星「ひので」は2006年9月23日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。可視光、極端紫外線、軟X線という3つの観測波長で太陽を観測し、温度6000度の光球から数100万度のコロナを同時に、しかも高い分解能で観測できます。「ひので」は、大成功をおさめた「ようこう」衛星と同様に、日本、アメリカ、英国3国の国際協力のもとで開発が進められました。日本は、衛星システムおよび可視光望遠鏡本体とX線望遠鏡のカメラの製作を担当しました。「ひので」は打ち上げから10年を経て様々な成果を挙げ、今もなお現役で活躍し続けています。

太陽観測衛星「ひので」

研究

「ひので」は磁力線を伝わる波を発見し、その波でコロナが加熱される例を示すなど、長年にわたって太陽物理学の大問題のひとつになっている「コロナ加熱問題」に迫る成果を挙げています。また、シミュレーションと連携して太陽フレアの発生のきっかけとなる磁場構造を発見し、太陽内部から磁場が上昇し黒点が形成される様子や、黒点ジェットが発生するメカニズムを解明しました。

スペック

図:太陽観測衛星「ひので」に搭載された望遠鏡
打ち上げ2006年9月23日6時36分
ロケットM-V-7号機
衛星重量約900キログラム
全長約4メートル
パドル翼幅約10メートル
軌道太陽同期極軌道・高度約680キロメートル

歴史

1998年(平成8年)Solar-B計画開始
2004年(平成16年)8月27日可視光望遠鏡(SOT)完成披露記者会見、ファーストライト
2006年(平成18年)8月1日衛星が内之浦宇宙空間観測所(USC)に到着
2006年(平成18年)9月2日衛星がロケットに搭載される
2006年(平成18年)9月23日6時36分 打ち上げ