自然科学研究機構 国立天文台

ペルセウス座流星群が極大(2020年8月)

ペルセウス座流星群と放射点
画像サイズ:中解像度(2000 x 2000) 高解像度(5500 x 5500)

月明かりはあるがまずまずの条件

今年のペルセウス座流星群の活動(注1)は8月12日22時頃に極大(注2)を迎えると予想されています。今年は8月12日が下弦のため、流星群を観察しやすい時間帯のほとんどに月明かりがあり、見える流星の数は条件の良い年より少ないでしょう。それでも、月がそれほど明るくないため、まずまずの数の流星を見ることができそうです。

普段より目立って多くの流星を見ることができるのは、11日の夜から13日の夜までの3夜でしょう。12日の夜に最も多くの流星が出現すると予想されます。いずれの夜も、21時頃から流星が出現するようになり、夜半を過ぎて薄明に近づくにつれて流星の数が多くなると考えられます。
空の暗い場所で観察すると、見られる流星の数は最大で1時間あたり30個程度と予想されます(注3)

流星は、放射点(注4)を中心に放射状に出現します。流星は放射点の方向だけに現れるのではなく、空全体に現れます。いつどこに出現するかは分かりませんので、なるべく空の広い範囲を見渡すようにしましょう。ただし、月は視界に入らないようにすることをお勧めします。また、目が屋外の暗さに慣れるまで、最低でも15分ほどは観察を続けると良いでしょう。レジャーシートを敷いて地面に寝転ぶなどすると楽に観察できます。事故に遭わないよう十分注意し、マナーを守って観察をしてください。

(参照)

コラム
天文学の現場から

平松正顕
平松正顕
国立天文台助教

流星の元になる小さな塵(ちり)は、太陽系を移動する彗星(すいせい)から放出されたものです。生命と関連の深い元素・リンが、星が生まれる領域と彗星とに存在することが、アルマ望遠鏡と彗星探査機ロゼッタの観測で分かりました。私たちの体を作るリンも彗星が地球へと運んだのかもしれません。
アルマ望遠鏡を用いた研究成果