自然科学研究機構 国立天文台

部分日食(2019年12月)

2019年12月26日 部分日食(東京での見え方)
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

部分日食を安全に観察しよう

12月26日の午後、日本全国で部分日食が起こります。世界の一部地域では金環食が起こりますが、日本では部分食となります。また、東日本や北日本では、太陽が欠けたまま日の入りとなる「日入帯食(にちにゅうたいしょく)」となります。

日食とは、月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。

太陽は、たいへん強い光と熱を出している天体です。そのため、肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまいます。太陽が欠けていても、また、地平線に近づいて光が穏やかになったように感じても、光と熱が強烈であることは変わりません。安全な方法で観察しなければ、最悪の場合は失明する危険性があります。日食グラスなど専用の観察器具を正しく使って、安全な方法で日食を観察してください。

(参照)天文情報 基礎知識「日食」「観察のしかた」

日本国内のおもな地点における日食の予報

日本国内のおもな地点における日食の予報は、下記の通りです。

2019年12月26日 日本各地での部分日食のようす
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)
主な地点での日食予報
地名食の始めの時刻食の最大の時刻食分(注1)面積比(注2)食の終わりの時刻
那覇14時02分18秒15時27分34秒0.4740.35916時40分22秒
福岡14時14分01秒15時25分17秒0.3450.22816時28分15秒
京都14時23分05秒15時31分32秒0.3650.24616時32分13秒
 以下は日の入り時刻
東京14時28分11秒15時35分27秒0.3890.27016時33分54秒
仙台14時30分01秒15時33分18秒0.3480.23016時22分09秒
札幌14時31分31秒15時27分03秒0.2650.15516時05分09秒

※ 東京、仙台、札幌では、食が終わる前に日が沈みます。

  • (注1)食分:月によって覆われた太陽の直径の度合い。表に戻る
  • (注2)面積比:月によって覆われた太陽の面積の割合。表に戻る

上記以外の地点の予報は、国立天文台暦計算室の「日食各地予報」をご覧ください。

(参照)天文情報 基礎知識「日食」

絶対にやってはいけないこと

下記のようなことは、目を痛めますので絶対にやってはいけません。

見た目ではあまりまぶしく感じなくても、光の遮断が不十分なものや目に有害な波長の光を通しやすいものを使うと、網膜を損傷してしまう危険性があります。(写真は、実際には太陽を見ないようにして撮影したものです)

太陽を直接見る様子
肉眼で直接見る(数秒でも危険)
望遠鏡で太陽を観察している様子
望遠鏡や双眼鏡を使う (注3)
下敷きで太陽を観察している様子
色つき下敷きやCDを使う (注4)
フィルムの切れ端で太陽を観察している様子
フィルムの切れ端を使う (注5)
すすを付けたガラス板で太陽を観察している様子
すすを付けたガラス板を使う
サングラスで太陽を観察している様子
サングラスやゴーグルを使う
日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡を覗いている様子
日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡をのぞく
  • (注3) 望遠鏡や双眼鏡は、太陽の光や熱を集めて強くするため、肉眼で太陽を見る以上に危険ですが、専門家によって適切な減光を施された双眼鏡や望遠鏡は、日食観察に用いることができます。本文に戻る
  • (注4) 太陽観察に対応した下敷きも販売されています。本文に戻る
  • (注5) 専門家によって、銀塩の白黒フィルムを適切に露光・現像して作られたネガは、日食観察に用いることができます。 本文に戻る本文に戻る

関連リンク

コラム
天文学の現場から

山岡均
山岡均
国立天文台准教授

国立天文台の観測機器は太陽活動をいつも見つめています。フレアやコロナ質量放出などの激しい太陽活動は、地球の環境にも影響を及ぼすことがあり、絶え間なく注視する必要があるのです。
太陽観測衛星「ひので」
太陽フレア望遠鏡