自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

B プロジェクト

重力波プロジェクト推進室

重力波プロジェクト推進室とは

アメリカの重力波望遠鏡LIGOが史上初めて達成した、2つのブラックホールの合体から発生した重力波の検出は、従来の観測手段では見ることのできなかった宇宙の姿を、重力波を使って調べることが可能になったという点で、重力波天文学の潜在能力を示した事例です。私たちはそのような重力波観測を実現する装置として、長さ3キロメートルのL字型の腕を持った大型レーザー干渉計KAGRA(かぐら)を岐阜県・神岡の地下トンネルに建設する計画を、東京大学や高エネルギー加速器研究機構などと共同で推進しています。

KAGRAは三鷹構内にある長さ300メートルのレーザー干渉計TAMA300で得られた経験や成果などを元に設計されており、現在もTAMA300を用いて防振系・光学系の開発とインストール前の試験を行っています。また、宇宙に重力波望遠鏡を打ち上げ、宇宙のはじまりを直接観測する将来計画(DECIGO)のための検討と研究開発も進めています。

KAGRAと重力波のイメージ

KAGRAの真空槽にインストールされた、最初の大型鏡懸架装置
KAGRAの真空槽にインストールされた、最初の大型鏡懸架装置。
2つのコンパクト星(中性子星やブラックホール)が合体する際に放出される重力波のイメージ
2つのコンパクト星(中性子星やブラックホール)が合体する際に放出される重力波のイメージ。KAGRAでは、約7億光年遠方で発生したこのような天体現象を観測することができます。

おもな望遠鏡

大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)

大型低温重力波望遠鏡KAGRA

TAMA300

TAMA300

重力波プロジェクト推進室 公式サイト