自然科学研究機構 国立天文台

しぶんぎ座流星群が極大(2022年1月)

「しぶんぎ座流星群と放射点」2022年1月4日午前3時頃 東京の星空
画像サイズ:中解像度(2000 x 2000) 高解像度(5500 x 5500)

絶好の条件のしぶんぎ座流星群を観察しよう!

しぶんぎ座流星群(注1)は、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれています。ただし、毎年安定して多くの流星が出現するペルセウス座流星群やふたご座流星群と比べると、しぶんぎ座流星群は、活動(注2)が活発な期間が短いことや、年によって出現数が変化しやすいことから、流星が多く見える年は限られます。

今年のしぶんぎ座流星群の極大(注3)は、1月4日5時から6時頃と予想されています。この時間帯は放射点(注4)の高度が高く、観察に適した時間帯にあたっていて、とても良い条件です。また1月3日が新月で、月明かりの影響を全く受けずに観察ができます。近年まれに見る絶好の観察条件と言えるでしょう。

しぶんぎ座流星群の流星が見え始めるのは、放射点が昇ってきた後の1月4日1時頃(3日深夜過ぎ、東京の場合)です。その後、極大に向けて流星群の活動が活発となることと、放射点が高くなり見える流星が増えることとが重なり、流星数は急激に増加していきそうです。最も多く見られるのは、空が白み始める直前であり、極大時刻でもある4日5時台と予想されます。この時に実際に見える流星の数は、空の暗い場所で1時間あたり50個以上(注5)となる可能性があります。ただし、年によって流星数が変化することも知られているので、1時間あたり30個程度にとどまる可能性もあります。両方の可能性があることに注意して観察してください。

流星は、放射点を中心に放射状に出現します。ただ、放射点付近だけでなく、どちらの方向にも現れますので、なるべく空の広い範囲を見渡すようにしましょう。また、屋外の暗さに目が慣れるまで、最低でも15分ほどは観察を続けると良いでしょう。レジャーシートを敷いて地面に寝転んだり、背もたれが傾けられるイスに座ったりすると、楽な姿勢で観察できます。たいへん寒い季節ですので、寒さ対策をしっかりおこなってください。事故に遭わないように十分注意し、マナーを守って観察をしてください。

参照: