自然科学研究機構 国立天文台

しぶんぎ座流星群が極大(2021年1月)

「しぶんぎ座流星群と放射点」2021年1月4日午前3時頃 東京の星空
画像サイズ:中解像度(2000 x 2000) 高解像度(5500 x 5500)

年始めの流星群を観察しよう

しぶんぎ座流星群(注1)は、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれています。ただし、毎年安定して多くの流星が出現するペルセウス座流星群やふたご座流星群と比べると、しぶんぎ座流星群は、活動(注2)が活発な期間が短いことや、年によって出現数が変化しやすいことが知られています。

今年のしぶんぎ座流星群の極大(注3)は、1月3日23時~4日0時頃と予想されています。しかし、夜半前は放射点(注4)の高度が低いため、観察には向きません。観察に適した時間帯は、4日の夜明け前2~4時間(東京では4日2時~5時台頃)です。この時間帯は極大の時刻に近く、まずまずの条件と言えます。ただ今年は、観測に適した時間を通じて月齢20の明るい月が輝いており、月明かりの影響でとくに暗い流星が見えづらくなります。このため、実際に見える流星の数は平均的な流星数の年より少なめで、空の暗い場所で1時間あたり最大20個程度(注5)と予想されます。

流星は放射点を中心に放射状に出現します。放射点付近だけでなく、流星はどちらの方向にも現れますので、なるべく空の広い範囲を見渡すようにしましょう。一方で今年は、明るい月が空にありますので、視界に月が入らない方向を見るようにするのがおすすめです。
また、屋外の暗さに目が慣れるまで、最低でも15分ほどは観察を続けると良いでしょう。レジャーシートを敷いて地面に寝転ぶなどすると、楽に観察できます。たいへん寒い季節ですので、寒さ対策をしっかりおこなってください。事故に遭わないように十分注意し、マナーを守って観察をしてください。