自然科学研究機構 国立天文台

ふたご座流星群が極大(2020年12月)

ふたご座流星群と放射点 2020年12月14日1時頃 東京の星空
画像サイズ:中解像度(2000 x 2000) 高解像度(5500 x 5500)

条件が良く、たくさんの流星を見られそう

2020年のふたご座流星群の活動(注1)は、12月14日10時頃に極大(注2)を迎えると予想されています。今年は、極大が日本で観察しやすい時間帯に比較的近い上、15日が新月のため月明かりの影響もなく、かなり良い条件で観察できます。

流星が最も多く現れそうなのは、13日の夜から14日の明け方にかけてです。日付が14日に変わる頃、空の暗い場所で観察すれば、最大で1時間あたり55個前後の流星が見られると予想されます(注3)。また、12日の夜、14日の夜も、最大で1時間あたり20個を超える流星が出現すると考えられます。いずれの夜も流星は、20時頃から現れ始め、本格的な出現は22時頃からで、夜半を過ぎた頃に数が最も多くなり、薄明が始まるまで流星の出現が続くでしょう。

流星は、放射点(注4)を中心に放射状に出現します。流星は放射点の方向だけに現れるのではなく、空全体に現れます。いつどこに出現するかは分かりませんので、なるべく空の広い範囲を見渡すようにしましょう。また、目が屋外の暗さに慣れるまで、最低でも15分ほどは観察を続けると良いでしょう。レジャーシートを敷いて地面に寝転ぶなどすると、楽に観察できます。大変寒い季節ですので、寒さ対策をしっかり行ってください。事故に遭わないように十分注意し、マナーを守って観察をしてください。

(参照)

コラム
天文学の現場から

山岡均
山岡均
国立天文台准教授

ふたご座流星群のもとにとなる塵(ちり)をまき散らしたのは、小惑星フェートンです。2017年のレーダーによる観測では、フェートンのおおよその形や自転周期が求められました。さらに2019年には、フェートンが恒星の光を遮る掩蔽(えんぺい)が観測され、その直径や形を詳しく探ることができました。

アレシボ天文台による観測画像