自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

カノープスを見つけよう(2019年2月)

2019年2月のカノープスが南中するころの星空
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

カノープス 観察のチャンス!

りゅうこつ座のカノープス(マイナス0.7等)は、おおいぬ座のシリウス(マイナス1.5等)に次いで全天で2番目に明るく見える星(恒星)です。しかし、日本の多くの地域でのカノープスの南中高度(南の空で最も高くなる時の高度)は低く、日本からは見つけにくい星でもあります(下表参照)。北日本では地平線より上に昇らず、見ることができません。平地での計算上の北限は、北緯約37.9度、おおむね福島県北端付近です。南の地域ほど南中高度が高く、比較的見つけやすくなります。

カノープスは白く輝く恒星です。しかし、空の低い位置に見える星は地球の大気の影響で、実際の明るさよりも暗く、赤みがかかった色に見えます。これもまた、カノープスを見つけにくくしている一因です。中国では、カノープスを「南極老人星(なんきょくろうじんせい)」と呼び、この星を見ると寿命が延びる、という伝説があるそうです。

夜更け前にカノープスが南中する2月は、観察のチャンスです。よく晴れた夜、南の空が開けた場所でカノープスを探してみましょう。上の図のように、冬の大三角やおおいぬ座のシリウスを目印にするとよいでしょう。

主な地点でのカノープスの南中高度と時刻
場所南中高度南中時刻(1日)南中時刻(11日)南中時刻(21日)
那覇11.2度22時08分21時29分20時49分
福岡3.9度21時57分21時18分20時38分
京都2.5度21時36分20時56分20時17分
東京1.9度21時20分20時40分20時01分
福島0.1度21時17分20時38分19時58分

※南中高度は大気の影響を考慮したもの

(参照)暦計算室 暦象年表 恒星の出入りと子午線通過

国立天文台の観測所で撮影されたカノープス

カノープスは南の地域ほど南中高度が高く、観察しやすくなります。また、カノープスの高度が高くなると地球の大気の影響が少なくなるため、カノープス本来の白い色で明るく輝く姿を見ることができます。国立天文台の観測所の中でも南の地域にあるハワイ観測所、チリ観測所、石垣島天文台で撮影された星空を紹介いたします。どの星がカノープスなのか、探してみてください。

コラム
天文学の現場から

山岡均
山岡均
国立天文台准教授

カノープスはおよそ300光年の距離にあります。国立天文台が開発を主導した位置天文観測衛星nano-JASMINE(ナノジャスミン)は、明るすぎて他の衛星では観測できないカノープスの距離を精度よく測定することができます。衛星本体は完成しており、打ち上げの機会を虎視眈々(こしたんたん)と待っています。

nano-JASMINE CG