自然科学研究機構 国立天文台

50センチ公開望遠鏡

50センチ公開望遠鏡とは

1994年に国立天文台 三鷹キャンパスに設置された口径50センチの光学望遠鏡です。国立天文台の数ある望遠鏡の中でも、一般の方々への公開を主な目的としていることが特徴です。1996年4月からは定例観望会を実施しており、月や惑星、二重星、明るい星雲など東京の空でも楽しめる天体を中心に、季節ごとの夜空の見どころをご覧いただいています。また、定例観望会の他にも、広報用画像の取得や天体画像の中継など、天文学の普及に幅広く活用されています。

また、天文学の研究観測にもこの望遠鏡は使われています。主に彗星や小惑星などの太陽系天体を中心とした研究観測や、学生のための観測実習に利用されており、大型の望遠鏡には無いフットワークの軽さを生かして、天文学の前進に貢献しているのです。

50センチ公開望遠鏡

スペック

所在地三鷹キャンパス(東京都三鷹市大沢)
主な製造メーカー三鷹光器株式会社
口径50センチメートル
焦点距離603センチメートル
架台フォーク式赤道儀
光学系カセグレン式
ドームサイズ直径4.75メートル、高さ4.9メートル

歴史

1994年(平成6年)建設
1995年(平成7年)5月ファーストライト
1996年(平成8年)観望会開始
1999年(平成11年)現在の場所へ移設

関連プロジェクト