自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

センター

天文情報センター

天文情報センターとは

天文学のめざましい進展に伴い、最新の天文学の情報を、インターネットなどを用いて、一般社会にすみやかに発信することが強く求められるようになってきました。全国各地の公開天文台、科学館、博物館、プラネタリウムなどの天文学関連の社会教育施設と連携し、天文学情報の収集と発信、科学コミュニケーションの核となる組織として、平成10年度より当センターが発足しました。センター内には天文学の最新の成果、新天体や暦など、さまざまな天文情報の発信や普及、歴史的価値のある装置などを保存活用のため広報室、普及室、国際天文学連合・国際普及室、暦計算室、出版室、総務室が設けられています。さらに多くの天文関連図書や稀覯本を擁する図書室も当センターに属し、一般向けにも閲覧サービスを行っています。

天文情報センターの活動

三鷹キャンパスでの観望会の様子

三鷹本部には、天体観望や観測実習などの社会教育を目的とした口径50センチ公開望遠鏡(フォ ーク型反射望遠鏡)が設置されています。毎月第2土曜前日の金曜日、および第4土曜日の夜に一般市民を対象に定例観望会(事前申込制)を行っているほか、申し込みに応じて大学の実習観測、学生の課外授業、教育センターなどからの見学などにも幅広く対応しています。

平日に毎日行っている一般からの質問電話への対応

平日に毎日行っている一般からの質問電話への対応。年間約1万件の質問に対応しています。

天文情報センター 公式サイト