自然科学研究機構 国立天文台

11月19日は部分月食(2021年11月)

部分月食中の月の位置 2021年11月19日 東京の星空
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

「たいへん深い」部分月食を見てみよう

11月19日の夕方から宵にかけて、全国で部分月食が見られます。

月食は、月が地球の影に入ることによって起こります。地球の影(本影)によって全て隠される「皆既月食」と、一部が隠される「部分月食」があります。今回は部分月食ですが、月の大部分が影の中に入り込みます。

部分月食の始まりは、16時18.4分です。ただし、北海道や東北地方北部を除く地域では、月食の始まりは月が地平線の下にあって見られず、月が欠けた状態で空に昇ってくる月出帯食(げつしゅつたいしょく)となります。今回の月食は、とくに前半で月の高度が低いので、東の空が開けた場所で観察しましょう。

月が最も欠けて見える、食の最大は18時02.9分です。皆既月食の場合には、完全に影の中に入った月が赤黒い色(赤銅色とも呼ばれる)になって見えることが多いのですが、一方で、多くの部分月食では影の部分の色は暗いだけではっきりしません。ただ今回の部分月食では月の大部分が影に入りますので、食の最大の頃には影の部分が色づいて見えるかもしれません。

月はその後、空を昇りながら地球の影から出ていきます。19時47.4分には月が影から離れ、部分月食が終わります。

主な都市における予報は、次の表をご覧ください。

地名月の出部分月食の始まり食の最大部分月食の終わり
時刻時刻月の高度時刻月の高度時刻月の高度
那覇17時35.6分月は地平線の下18時02.9分
(食分0.978)
5.0度19時47.4分27.1度
福岡17時10.2分9.4度30.3度
京都16時45.3分14.0度34.8度
東京16時27.6分17.3度38.1度
仙台16時17.1分16時18.4分0.0度18.7度38.8度
札幌16時03.0分2.0度19.7度38.5度

※この表にない都市の予報は、暦計算室の「月食各地予報」で調べることができます。

月食についての詳しい説明は、「基礎知識」の「月食とは」をご覧ください。

月が地球の影の中に入り込む程度(影で覆われる月の直径の度合い)を「食分」という数値で表します。その値が大きいほど影の中に月が深く入り込み、1.0以上で皆既月食となります。今回の月食の最大食分は0.978で、これは月の直径の97.8パーセントまで影に入り込むことを意味し、部分月食としてはたいへん大きな値です。食分の値が大きいことをしばしば「深い」と表現し、今回のような月食は「たいへん深い部分月食」と言います。