自然科学研究機構 国立天文台

東京の星空・カレンダー・惑星(2020年2月)

概要

2月は、空の低い位置に見られる天体に注目しましょう。2月10日前後は、日の入り直後の西の低空で水星を観察するチャンスです。水星よりも空の高い位置には宵の明星・金星が輝いています。月末には金星に細い月が近づき、美しい眺めになります。また、見ることができる地域が限られますが、この時期にはりゅうこつ座の1等星カノープスが、観察しやすい時間帯に南の低空に姿を現します。機会があればぜひ探してみてください。

東京の星空

東京の星空(2020年2月中旬20時頃)
画像サイズ:中解像度(2000 x 2000) 高解像度(5500 x 5500)

カレンダー(2月)

2日上弦
3日節分
4日立春(太陽黄経315度)
9日満月
10日水星が東方最大離角
11日建国記念の日
16日下弦/水星が留
19日雨水(太陽黄経330度)
23日天皇誕生日
24日休日/新月
26日水星が内合

惑星

水星
日の入り後の西の低空に位置し、10日に東方最大離角となります。7日から14日の間は東京での日の入り30分後の高度が10度を超え、観察しやすくなります。その後は徐々に高度を下げ、26日に内合となり、以後は日の出前の東の低空に位置するようになります。7日から14日までの明るさは、マイナス0.8等から0.1等。
金星
日の入り後の南西から西の空で明るく輝いています。明るさは、マイナス4.1等からマイナス4.2等。
火星
へびつかい座を東に移動し、中旬にはいて座に入ります(順行)。日の出前の南東の空に見え、明るさは、1.4等から1.1等。
木星
いて座を東に移動しています(順行)。日の出直前の南東の低空に見え、明るさは、マイナス1.9等からマイナス2.0等。
土星
いて座を東に移動しています(順行)。日の出直前の南東の低空に位置し、明るさは、0.6等から0.7等。

(参照)暦計算室ウェブサイト今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。こよみ用語解説天象の項では、最大離角、衝、合、留などの惑星現象の用語について解説しています。

コラム
天文学の現場から

山岡均
山岡均
国立天文台准教授

2020年1月、オリオン座のベテルギウスがたいへん暗く見えると話題になりました。1000万年ほどの生涯の約9割を終えて老齢になったこの星は、膨張し不安定に明るさを変えています。アルマ望遠鏡が捉えた姿からも、表面の不均一さが分かります。ただし、これは星の最期に起こる超新星爆発とは無関係です。
アルマ望遠鏡がとらえたベテルギウス

アルマ望遠鏡がとらえたベテルギウス