自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

VLBI電波望遠鏡群

VLBI電波望遠鏡群とは

VLBI (Very Long Baseline Interferometry)とは超長基線電波干渉計の英語略称で、複数の電波望遠鏡の観測データを合成して一つの観測データとして扱う手法です。日本国内の4カ所(岩手県奥州市、鹿児島県薩摩川内市、東京都小笠原村、沖縄県石垣市)に設置した口径20メートルの電波望遠鏡を合成することで、直径2300キロメートルの観測網VERA(VLBI Exploration of Radio Astrometry)を構築し、定常的に観測を行っています。VERAの4基の電波望遠鏡は水沢キャンパスから遠隔で運用され、観測データは水沢キャンパスの相関処理センターで処理されています。

水沢キャンパスにある水沢10メートル電波望遠鏡は、VERAの性能評価、技術開発、国内のVLBI局との連携観測に使われています。この他に水沢VLBI観測所では、山口32メートル鏡、高萩・日立32メートル鏡、岐阜大学11メートル鏡など各地の大学や、情報通信研究機構鹿嶋34メートル鏡、宇宙航空研究開発機構(JAXA)臼田64メートル鏡等と連携し、大学 VLBI 連携観測事業(JVN:Japanese VLBI Network)を推進しています。

また、東アジア各国とも国際的な観測協力を進め、韓国に設置された3基の電波望遠鏡(KVN: Korean VLBI Network)とVERAを結合した観測網(KaVA: KVN and VERA Array)を定常的に運用しています。さらに中国の上海、ウルムチ、昆明(こんめい)などの局、タイに建設予定の局と連携した東アジアVLBI観測網(EAVN:East Asian VLBI Network)の整備も進めています。このため東アジアVLBI相関センターを日韓共同で韓国天文研究院において運用しており、東アジア地域におけるVLBI観測の中核的な相関センターとして活躍しています。

VLBI電波望遠鏡群

研究

メーザー天体という電波強度のたいへん強い宇宙の灯台のような天体の距離を精密に測定し、天の川銀河系全域の地図と運動の計測を行うことを目的にしています。銀河の中心に存在する活動銀河中心核の高精度観測による研究も推進しています。

VERAでは世界で初めて1つの電波望遠鏡から2.2度以内の角度差で2つのビームを生成し、2つの天体を同時に観測することによって大気や装置に起因する電波の伝播揺らぎを補正して、精密な天体位置の計測を行っています。これを用いて地球が太陽の周りを公転することによる天体位置の変化(年周視差)を計測し、天体までの距離を精密に測ります。

スペック

VERA水沢局

所在地岩手県奥州市水沢星ガ丘町2-12
主な製造メーカー三菱電機株式会社
口径20メートル
2ビーム観測周波数22,43GHz

VERA入来局

所在地鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名4018-3
主な製造メーカー三菱電機株式会社
口径20メートル
2ビーム観測周波数22,43GHz

VERA小笠原局

所在地東京都小笠原村父島旭山
主な製造メーカー三菱電機株式会社
口径20メートル
2ビーム観測周波数22,43GHz

VERA石垣島局

所在地沖縄県石垣市登野城嵩田2389-1
主な製造メーカー三菱電機株式会社
口径20メートル
2ビーム観測周波数22,43GHz

水沢10メートル局

所在地岩手県奥州市水沢区星ガ丘町2-12
主な製造メーカー三菱電機株式会社
口径10メートル

茨城局:高萩32メートルアンテナ

所在地茨城県高萩市大字石滝字呉坪650
主な製造メーカー三菱電機株式会社
口径32メートル

茨城局:日立32メートルアンテナ

所在地茨城県日立市十王町大字伊師字加幸沢3866
主な製造メーカー三菱電機株式会社
口径 32メートル

山口局

所在地山口県山口市仁保中郷123 KDDI山口衛星通信センター内
主な製造メーカー三菱電機株式会社
口径32メートル

歴史

1979年(昭和54年)山口大学32メートル電波望遠鏡完成(KDDIで衛星通信に使用)
1992年(平成4年)水沢10メートル電波望遠鏡完成1993年(平成5年)水沢10メートル電波望遠鏡運用開始
2001年(平成13年)VERA水沢観測局20メートル電波望遠鏡、VERA小笠原観測局20メートル電波望遠鏡、VERA入来観測局20メートル電波望遠鏡完成
2002年(平成14年)山口大学32メートル電波望遠鏡を国立天文台に移管し、電波望遠鏡として運用開始
2002年(平成14年)VERA石垣島観測局20メートル電波望遠鏡完成
2009年(平成21年)茨城局日立32メートル電波望遠鏡を国立天文台に移管し、電波望遠鏡として運用開始
2010年(平成22年)茨城局高萩32メートル電波望遠鏡を国立天文台に移管し、電波望遠鏡として運用開始