自然科学研究機構 国立天文台

すばる望遠鏡、一足先に「はやぶさ2」を出迎える

トピックス

すばる望遠鏡が捉えた「はやぶさ2」
すばる望遠鏡に搭載した超広視野主焦点カメラ「ハイパー・シュプリーム・カム」で捉えた「はやぶさ2」。画面中央付近を移動する光点がはやぶさ2。2020年11月20日午前0時12分から0時29分頃(ハワイ現地時)に撮影。(クレジット:国立天文台)

小惑星「リュウグウ ((162173) Ryugu)」の探査を終えて地球に向かっている日本の小惑星探査機「はやぶさ2」の姿を、2020年11月20日午前0時過ぎ(ハワイ現地時)にすばる望遠鏡が撮影しました。

JAXA宇宙科学研究所が運用するはやぶさ2は、リュウグウで採取したサンプルを格納したカプセルを12月6日に地球に帰還させる予定です。リュウグウから地球に向けて旅を続けているはやぶさ2をいち早く出迎えるため、すばる望遠鏡は、科学観測の合間を利用して、はやぶさ2の姿を捉えました。撮影時の地球からはやぶさ2までの距離はおよそ580万キロメートル、カシオペヤ座の方向に24.6等級の光の点として観測されました。

関連リンク