自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

4月2日、林芳正 文部科学大臣 国立天文台を視察

トピックス

アルバロ准教授(左)と常田国立天文台長(右)からアルマ受信機の開発について説明を受けている林文部科学大臣(中央)
アルバロ准教授(左)と常田国立天文台長(右)からアルマ受信機の開発について説明を受けている林文部科学大臣(中央)

2018年4月2日、林芳正 文部科学大臣が国立天文台を視察されました。

国立天文台三鷹キャンパスを訪問した林大臣は、まず常田佐久 国立天文台長から国立天文台の概要について説明を受けました。その後、装置開発の拠点である開発棟に移動し、国立天文台が開発している超大型望遠鏡TMT(Thirty Meter Telescope)の観測装置やアルマ受信機の開発の現場、超広視野主焦点カメラHyper Suprime-Cam(ハイパー・シュプリーム・カム、HSC)による観測画像等をご覧になりました。林大臣は、国立天文台における技術開発について、各説明担当者や小森彰夫 自然科学研究機構長、常田佐久 国立天文台長らと活発に議論をされました。最後に4D2Uドームシアターを訪れ、最新データに基づく宇宙映像を鑑賞されました。シアターの映像と解説に感銘を受けられたようで、去り際に解説者の臼田-佐藤 特任専門員と握手を交わして、国立天文台を後にされました。

関連リンク