自然科学研究機構 国立天文台

アルマ望遠鏡によるブラックホールの精密体重測定

研究成果

総合研究大学院大学の大西響子氏らの研究グループは、アルマ望遠鏡を用いて棒渦巻銀河NGC 1097を観測し、その中心に位置する超巨大ブラックホールが太陽の1億4000万倍の質量をもつことを明らかにしました。銀河とそこに含まれる超巨大ブラックホールは共に進化してきたと考えられており、その関係を議論する上で超巨大ブラックホールの質量はたいへん重要な情報です。今回の結果は、アルマ望遠鏡による2時間程度の観測で得られたものであり、超巨大ブラックホールの質量測定にアルマ望遠鏡が大きな威力を発揮することを示しています。

アルマ望遠鏡で観測したNGC 1097中心部
アルマ望遠鏡で観測したNGC 1097中心部。アルマ望遠望遠鏡で観測したHCN(シアン化水素)ガスの運動を色で表し、ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された可視光画像の上に合成しています。赤色の部分はガスが私たちから遠ざかる方向に、紫色の部分はガスが手前に近づく方向に移動しています。 オリジナルサイズ(3.5MB)

この観測結果は、Onishi et al. “A Measurement of the Black-Hole Mass in NGC 1097 using ALMA”として、2015年6月発行の米国の天体物理学専門誌『アストロフィジカル・ジャーナル』に掲載されました。

関連リンク