自然科学研究機構 国立天文台

アルマ望遠鏡、遠方銀河と小惑星を超高解像度で撮影

研究成果

アルマ望遠鏡が、超高解像度観測でまた一つ天文学の扉を開きました。2014年10月に行われた観測で、117億光年かなたの銀河SDP.81を解像度0.023秒角(人間の視力に換算すると2600)で鮮明に写し出したのです。この銀河はより手前にある銀河の重力によってその姿がゆがめられていますが(重力レンズ効果)、これほど完全な円形の重力レンズ像が得られるのはたいへん珍しいことです。また、同時期に観測された小惑星ジュノーの高解像度画像も公開されました。こちらの解像度は0.04秒角(視力1500)であり、約3億キロメートル離れたジュノーの地表で60キロメートルのサイズが見分けられるほどの高い解像度です。この観測ではジュノーが自転する様子がはっきりとらえられており、その表面の性質の場所による違いも明らかになりました。これらはいずれも、国際チーム“ALMA Partnership”を筆頭著者とする初めての論文2編として、米国の天体物理学専門誌アストロフィジカル・ジャーナル・レターズに掲載されます。

アルマ望遠鏡(オレンジ)とハッブル宇宙望遠鏡(青)で観測したSDP.81
アルマ望遠鏡(オレンジ)とハッブル宇宙望遠鏡(青)で観測したSDP.81。アルマ望遠鏡では重力レンズ効果により引き伸ばされたSDP.81の姿が、完全な円形に見えています。ハッブル宇宙望遠鏡では重力レンズの原因となっている手前の銀河が見えています。また、アルマ望遠鏡の解像度がハッブル宇宙望遠鏡を上回っていることもわかります。 オリジナルサイズ(76KB)

詳しくは、アルマ望遠鏡、遠方銀河と小惑星を超高解像度で撮影をご覧ください。

関連リンク

この記事はキッズ向けページがあります。

ゆがんだ形でも遠くの銀河を拡大する宇宙のレンズ 印刷版

Space Scoop

ユニバース・アウェアネスは、世界のこどもたちに宇宙の広さや天体の美しさを感じてもらうために、教材やニュースの配信を行っているサイトです。ユニバース・アウェアネスのコンテンツ「スペーススクープ」の記事は、本記事をキッズ向けに再構成して公開しています。