自然科学研究機構 国立天文台

No.203(2019年4月23日発行)元国立天文台長 海部宣男名誉教授 逝去 他

_____________________________________________________________________

   国立天文台 メールニュース No.203  (2019年4月23日発行)
_____________________________________________________________________

 国立天文台のイベントや研究成果、注目したい天文現象などを、メールで
 お届けする不定期発行のニュースです。
 どなたでも無料でニュースを受け取ることができます。

-----------------------------------------------------------
■元国立天文台長 海部宣男名誉教授 逝去
■教育関係団体のための施設案内週間2019[野辺山]
■大学生・大学院生向け講演会と入試説明会
-----------------------------------------------------------


■元国立天文台長 海部宣男名誉教授 逝去

 国立天文台長を2000年から6年間にわたって務められた海部宣男
 (かいふのりお) 国立天文台名誉教授が、2019年4月13日に逝去されました。
75歳でした。

 海部さんは、日本の天文学の水準を飛躍的に向上させるとともに、世界的
リーダーとして天文学の発展に貢献されました。
 電波天文学が専門で、星間物質、星形成等の観測的研究を進めるとともに、
野辺山宇宙電波観測所の45メートルミリ波電波望遠鏡 (1982年完成) の建設と
運営にも力を注がれました。ミリ波天文学の開拓では1987年度仁科記念賞を、
星間物質の研究の功績では1998年度日本学士院賞を受賞されました。
 1991年にはハワイのすばる望遠鏡の建設計画の責任者となり、1997年に国立
天文台ハワイ観測所初代所長に就任され、すばる望遠鏡の完成 (1999年) とそ
の初期運用に尽力されました。2000年から6年間は国立天文台長を務め、大学
共同利用機関法人への改組を実現されました。また、国際協力によるアルマ
望遠鏡計画のスタートに力を注がれました。
 海部さんのご活躍は日本国内に留まらず、1997年から2003年までは国際天文
学連合 (IAU) 副会長を、2012年から2015年までは日本人としては2人目となる
会長を務められました。その一方で、台長職を退いた後も、放送大学教授を務
める傍ら、世界天文年2009日本委員会委員長を務める等、日本での天文学普及
とその裾野を広げる活動に尽力されました。また、天文学・科学分野の普及書
だけでなく、詩歌に関する多くの著書を執筆されるなど、社会的にも広く貢献
されました。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。

 ▽訃報:海部宣男 元国立天文台長
  https://www.nao.ac.jp/notice/20190415-kaifu.html

 ▽海部宣男 国立天文台名誉教授のご逝去に関して
  https://www.nro.nao.ac.jp/news/2019/0417-kaifu.html

 ▽訃報:海部宣男 国立天文台ハワイ観測所初代所長
  https://subarutelescope.org/Announce/2019/04/15/j_index.html


■教育関係団体のための施設案内週間2019[野辺山]

 国立天文台野辺山宇宙電波観測所は、教育関係団体を対象とした夏休み期間
中の「施設案内週間」を2013年より設けています。観測所内の最先端の観測装
置や最新の研究成果を、観測所の研究者や技術者による案内の下で見学してい
ただきます。
 今年度の実施期間は7月22日から7月26日の5日間です。案内をご希望の方は
実施の1週間前までのお申し込みが必要です (先着順で受け入れます)。対象と
なる団体や人数、お申し込み方法などの詳細は、ウェブサイトをご覧ください。
 なお、ご案内のコースは、通常も事前予約なしで自由に見学することができ
ます。

 ▽教育関係団体のための施設案内週間2019 (国立天文台野辺山宇宙電波観測所)
  http://www.nro.nao.ac.jp/visit/guideweek.html

 ▽通常の公開 (一般公開) (国立天文台野辺山宇宙電波観測所)
  http://www.nro.nao.ac.jp/visit/ippan.html


■大学生・大学院生向け講演会と入試説明会

 総合研究大学院大学 (以下、総研大) 物理科学研究科 天文科学専攻 (注) 
と国立天文台は、天文学に関心を持つ大学生、大学院生を対象とした講演会な
らびに入試説明会を、国立天文台三鷹キャンパスにて開催します。講演では、
国立天文台の3名の研究者が最新の天文学の研究成果についてお話しします。
 総研大で天文学を学びたいと思っている方は、ぜひご参加ください。事前の
お申し込みは不要です。内容の詳細は、総研大 物理科学研究科 天文科学専攻
ウェブサイト内の「2019年 総合研究大学院大学・天文科学専攻入試ガイダン
ス」のページをご覧ください。
 また、2019年5月7日から10日を「2019年度入試ガイダンス週間」とし、興味
のある研究分野の教員を直接訪問したり、研究内容の相談をしたりできる機会
を設けています。5月11日のガイダンス前に、国立天文台での大学院生活や研
究活動などの具体的なイメージを描くためのよい機会となりますので、ぜひご
利用ください。訪問手順は、同ページにてご確認ください。

・開催概要
 日程:2019年5月11日 (土) 10時から17時30分まで
 会場:国立天文台 三鷹 (東京都三鷹市大沢2-21-1)
    すばる棟 大セミナー室 
 アクセス:https://www.nao.ac.jp/access/mitaka/access.html
 対象:大学生・大学院生
 その他:事前申し込み不要、参加無料

 注:総合研究大学院大学 物理科学研究科 天文科学専攻は、国立天文台を
   基盤とする大学院大学です。

 ▽2019年 総合研究大学院大学・天文科学専攻入試ガイダンス
  (総合研究大学院大学 物理科学研究科 天文科学専攻)
  https://guas-astronomy.jp/Applicants/nyusi-guidance.html

 ▽総合研究大学院大学 物理科学研究科 天文科学専攻
  https://guas-astronomy.jp/index.html


_____________________________________________________________________

発 行:国立天文台 天文情報センター 広報室
発行日:2019年4月23日
_____________________________________________________________________

配信のお申し込み

メールアドレスを登録して、国立天文台 メールニュースを受信しよう!

メールアドレス登録

国立天文台 アストロ・トピックス

国立天文台 メールニュースの前身「国立天文台 アストロ・トピックス」。2004年から2010年までのバックナンバーをご覧いただけます。

国立天文台 アストロ・トピックスへ