自然科学研究機構 国立天文台

月が金星に接近、一部の地域では金星食(2022年5月)

月が金星に接近 2022年5月27日 日の出30分前 東京の空
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

月と金星の共演、九州の一部では昼間に金星食が観察できる!

5月27日、夜明け前の東の低空で明るく輝く金星に細い月が近づき、美しい眺めになります。明るくなるにつれて、金星も細い月も青空にかき消されるかのように見えなくなっていきますが、その日の午後、宮崎県、鹿児島県の一部の地域、および、沖縄県や東京都小笠原村では、月が金星を隠す「金星食」を観察することができます。

地球の周りを公転している月は地球から見ると西から東へと移動し、約1カ月かけて空を一周しています。このとき月は、背後にある天体を次々に隠していきます。月が惑星を隠す現象を惑星食、恒星を隠す現象を星食と呼びます(個別には、隠す天体の名をとって「○○食」と呼びます)。今回の金星食は昼間に起こるため、肉眼で観察することは難しいのですが、双眼鏡や望遠鏡を使って観察することができます。誤って太陽を見てしまわないよう、十分注意して観察してください。各地の金星食の予報時刻は、下の表のとおりです。場所がわずかに変わると予報時刻も変わるため、事前にしっかりと調べておくことが大切です。

場所緯度経度潜入開始潜入終了最小角距離出現開始出現終了
鹿児島
(市役所)
31.5969°130.5572°金星食は起こらない
鹿児島
(県庁)
31.5603°130.5581°13時42分14秒金星の一部が月に隠される
(最小角距離 13時45分04秒)
13時47分41秒
日南31.6019°131.3789°13時41分33秒 金星の一部が月に隠される
(最小角距離 13時45分47秒)
13時49分49秒
垂水31.4928°130.7011°13時40分07秒 金星の一部が月に隠される
(最小角距離 13時45分11秒)
13時50分02秒
指宿31.2528°130.6331°13時36分28秒13時40分18秒13時45分06秒13時49分41秒13時53分27秒
那覇26.2122°127.6792°13時09分02秒13時09分59秒13時40分49秒14時10分02秒14時10分53秒
石垣24.3406°124.1556°12時59分25秒13時00分20秒13時35分28秒14時08分34秒14時09分23秒
小笠原
(村役場)
27.0944°142.1919°13時25分15秒13時26分04秒13時53分30秒14時19分31秒14時20分16秒
2022年5月27日 金星食の限界線(鹿児島県、宮崎県)
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

鹿児島県、宮崎県で金星食が観察できる地域は、上の図のとおりです。金星をはじめ、惑星は地球から面積を持って見えるため、金星が月に隠れる時(潜入)、出てくる時(出現)には少し時間がかかります(望遠鏡を使っても地球からは点にしか見えない恒星は、潜入も出現も一瞬です)。また、上の図で2本の線に挟まれた細い帯のような地域では金星は完全には月に隠されず、一部分が隠されただけで金星食が終わります

2022年5月27日 垂水市と那覇市での金星食の様子
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

垂水市と、那覇市での金星食の様子は、上の図の通りです。垂水市では13時40分頃から13時50分頃にかけて、金星の一部が月の縁に隠されます。一方、那覇市では13時09分頃から13時10分頃にかけて金星は月の光っている側から潜入し、14時10分頃から14時11分頃にかけて月の光っていない側から出現します。望遠鏡を使うと、潜入の際に金星が月にじわじわと隠されていく様子や、出現の際に青空の中にじわじわと金星が現れてくる様子(青空の中では月の光っていない部分は見えないため)を観察することができるでしょう。

昼間の金星食の観察には双眼鏡や望遠鏡が必要ですが、誤って太陽を見ることのないよう、十分に注意してください。

自分の住んでいる場所や、観察する場所で金星食が起こるかどうかは、事前に国立天文台暦計算室の「惑星食各地予報」で調べておきましょう。

(参照)暦計算室ウェブサイト惑星食各地予報