自然科学研究機構 国立天文台

昼間の金星食と、月と金星の接近(2021年11月)

月と金星が接近 2021年 11月8日 日の入り30分後 東京の星空
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

11月8日、夕方の空で月が金星に接近

夕方、日の入りからしばらく時間が経つと、南西の低い空に金星が輝き始めます。10月30日に東方最大離角となった金星は、夕方の南西の空で見ごろとなっています。11月8日夕方は、その金星に月が接近して見られます。この日の昼間には、金星が月に隠される金星食が起こります(金星食については後述)。食が終わって月の後ろから出てきたばかりの金星が、夕方の空で月と並んで見られるのです。月は比較的明るいため、日の入りの頃にはすでに見えていることと思います。そのすぐ右下側に注目すると、空が暗くなるにつれて金星が見えてくるでしょう。

月と金星との距離は、時間とともに少しずつ離れていきます。地平線に沈むまでの短い時間ですが、じっくりと観察するとその様子もわかることでしょう。印象的な光景となりそうですので、観察してみてはいかがでしょうか。

昼間に起こる金星食

2021年11月8日金星食(東京での見え方) 潜入開始13時46分41秒、出現終了14時40分00秒
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

金星食は、月が手前を通ることで金星を隠す現象です。月と金星は約1カ月ごとに繰り返し近づいて見られますが、地上から見る月の通り道と金星の通り道がずれているため、金星食はなかなか起こりません。また起こる場合も観察できる地域が限られますので、珍しい現象と言えます。今回の金星食は、国内では九州の一部や沖縄、小笠原諸島などを除いた地域で起こります。

東京では、13時46分41秒に月が金星を隠し始めます(潜入開始)。この時の金星は、月の輝いていない部分に隠されます。13時48分48秒には、金星は全て隠されてしまいますが、金星も欠けているため、これより少し前には金星が見えなくなるでしょう。

隠された金星は、14時37分50秒に月の明るい側から出現し始めます。月から金星全体が完全に出現するのは14時40分00秒ですが、やはり金星が欠けているため、これよりも若干早く月から金星が離れて見えるでしょう。各現象の時刻は、見る場所によって異なります。おもな都市の時刻を下の表にまとめます。表に無い地点では、「惑星食各地予報」を使うと、現象の時刻を調べられます。

地名潜入開始潜入終了出現開始出現終了
福岡13時52分19秒(全体が潜入せず、一部のみ隠されて終わる)13時57分22秒
京都13時43分22秒13時45分56秒14時24分41秒14時27分19秒
東京13時46分41秒13時48分48秒14時37分50秒14時40分00秒
仙台13時44分59秒13時46分45秒14時44分21秒14時46分10秒
札幌13時42分22秒13時43分51秒14時49分08秒14時50分39秒

※金星が欠けているため、金星の輝いている面での時刻は若干異なります。

今回の金星食は昼間の現象で、肉眼で見るのは難しいと考えられます。しかし、双眼鏡や望遠鏡を用いた適切な観察方法では、見ることが可能でしょう。ただ昼間の空には太陽が強烈な光を放って輝いています。今回の金星食が起こる空は、太陽からは比較的遠い位置ですが、操作を誤るなどしてうっかり太陽を見てしまうと、目を損傷し、失明に至るなどの重大な事故につながる可能性があります。観察する場合には十分に注意を払うようにしましょう。

(参照)暦計算室ウェブサイトこよみの計算」では、各地の日の出入り時刻、月の出入り時刻、惑星の出入り時刻などを調べることができます。また暦象年表の「太陽系天体の出入りと南中」でも、各地の惑星の出入り時刻などを調べることができます。「今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。「惑星食各地予報」では、金星食などの惑星食の様子を調べることができます。