自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

2018年最小の満月・皆既月食(2018年7月)

2017年から2018年の月の地心距離と満月の日付を表した図
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

明け方の皆既月食を観察しよう!

2018年最小の満月

7月28日の満月は、2018年で最も小さく見える満月です。

月は、地球の周りを公転しています。月の軌道は円形ではなく楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではありません。また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するため、月が地球に最も近づく位置(近地点)や、最も遠ざかる位置(遠地点)での距離は、上の図のように毎回異なります。満月における地心距離(地球の中心から月の中心までの距離)は、およそ35万6千キロメートルから40万6千キロメートルの間で変化します。そして、月の見かけの大きさ(視直径)は、地球と月との距離が近いときには大きく、遠いときには小さくなります。最も大きな満月は最も小さな満月に比べて、14パーセント視直径が大きく、30パーセント明るく見えます。

2018年で最も大きな満月は1月2日でした。月は6時49分に近地点を通過し、11時24分に満月となりました。満月の瞬間の地心距離は約35万7千キロメートル、視直径は33分30秒角でした。

2018年で最も小さな満月となる7月28日には、月は7月27日14時44分に遠地点を通過し、28日の5時20分に満月となります。満月の瞬間の地心距離は約40万6千キロメートル、視直径は29分25秒角です。

2018年最大の満月と最小の満月の視直径を比較した図
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

月を実際の夜空に並べて大きさを比べることはできませんが、上の図のように2018年最大の満月と最小の満月を並べると、大きさの違いがよくわかります。

そして、この今年最小の満月の日には、皆既月食が起こります。月のそばには最接近を目前に控えた火星が明るく輝いています。

2018年7月28日 月食中の月の位置(2018年7月28日 東京)
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

明け方の皆既月食を見よう!

7月28日の皆既月食は、1月31日に続いて今年2回目となります。

おおよそ東北地方以西で月の入りの前に皆既食を迎え、月は皆既食のまま沈みます。それ以外の地域では、月は皆既食になる前に沈みます。月は、南西の空で3時24分に欠け始め、4時30分に完全に欠けて皆既食となります。皆既食は、6時14分まで1時間44分も続きますが、日本ではこの時刻よりも早く月が沈むため、皆既食の後の様子は観察することができません。

上の図は、東京での見え方を示しています。

月食の詳しい時刻と日本の主な都市におけるその時の月の高度、さらに月が沈む時刻については、次の通りです。

月食時の月の高度と月の入り時刻
部分食の始め
(3時24.2分)
皆既食の初め
(4時30.0分)
食の最大
(5時21.7分)
月の入り時刻
札幌8.2度みられないみられない4時24分
仙台11.3度1.0度みられない4時38分
東京13.6度2.8度みられない4時49分
京都16.5度5.9度みられない5時7分
福岡20.8度10.3度1.4度5時32分
那覇27.6度16.3度6.5度5時58分

この皆既月食についての詳しい情報は、特集「皆既月食(2018年7月28日)」をご覧ください。月食の起こるしくみや今後の情報については、基礎知識「月食とは」をご覧ください。

参照:暦計算室ウェブサイト

今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。こよみ用語解説天象の項では、最大離角、衝、合、留などの惑星現象の用語について解説しています。