今年は現地開催とオンラインのハイブリッド開催!

「三鷹・星と宇宙の日」は、自然科学研究機構 国立天文台、自然科学研究機構 アストロバイオロジーセンター、東京大学天文学教育研究センター、総合研究大学院大学天文科学専攻の特別公開イベントです。新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年と2021年はオンラインによる開催でしたが、今年は現地開催とオンラインイベント両方を実施するハイブリッドの形態で開催いたします。

現地開催は、事前申し込みによる人数制限のもと、入場制限を設けつつ安全性に配慮して実施いたします。また、オンラインイベントも充実した内容を企画しております。ぜひ楽しいひとときをお過ごしください。

お知らせ

2022年9月16日
特設サイトを公開しました。

メイン講演会

テーマ:「時と天文学」

※メイン講演会はオンライン配信のみにて実施します。現地聴講の会場はありませんのでご注意ください。

※詳細は後日掲載します。

現地開催(事前申込・定員制)

会場

※三鷹市星と森と絵本の家の見学は、申し込み不要ですが、見学者用有料駐車場のご利用はできません。また国立天文台三鷹との行き来には制限が設定されます。

【重要】10月29日は、見学者用有料駐車場は利用できません。公共交通機関または自転車でお越しください。

おもな内容(予定)

施設公開、最新の研究成果の紹介、ミニ講演、実験、工作など

現地開催申し込み方法

※詳細は後日掲載します。

オンライン

おもな内容(予定)

メイン講演会、ミニ講演、施設紹介、実験中継、ポスター掲示、ウェブパズルなど

※詳細は後日掲載します。

お願い