自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

国立天文台の研究者が平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞

トピックス

平成28年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 表彰式にて
平成28年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 表彰式にて
若手科学者賞受賞の田中氏(左)、銭谷氏(右)と科学技術賞(開発部門)受賞代表者の齋藤氏(中央)

アルマ望遠鏡のための高精度アンテナ開発チームが、平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)を受賞しました。受賞者は、国立天文台野辺山宇宙電波観測所所長の齋藤正雄(さいとうまさお)准教授(注1)、同チリ観測所の水野範和(みずののりかず)准教授、東アジア アルマプロジェクトマネージャーで同チリ観測所の井口聖(いぐちさとる)教授(注2)、および三菱電機株式会社通信機製作所の川口氏と大島氏の5名です。

受賞対象となった業績は「超高精度サブミリ波望遠鏡ALMAアンテナの開発」です。波長の短いサブミリ波をアタカマの厳しい自然環境の下でも効率よく受信することが要求されるアルマ望遠鏡のアンテナにおいて、高い鏡面精度と追尾精度を実現するシステムを新たに考案し、アルマ望遠鏡の運用に寄与したことが評価されました。

また、同表彰の若手科学者賞を、国立天文台理論研究部の田中雅臣(たなかまさおみ)助教(注3)と銭谷誠司(ぜにたにせいじ)特任助教(国立天文台フェロー)がそれぞれ受賞しました。

田中氏の受賞対象となった業績は「宇宙の爆発現象に関する理論的および観測的研究」です。田中氏は、超新星爆発のメカニズムや中性子星同士の衝突合体といった理論シミュレーションに加え、観測による検証も自ら行うなど、理論研究と観測研究を融合させることで宇宙における爆発現象の解明に向けた新たな道筋を切り開いています。

銭谷氏の受賞対象となった業績は「相対論的磁気リコネクションの先駆的シミュレーション研究」です。銭谷氏は、相対性理論を考慮すべき高エネルギー天体の周辺で起こる「相対論的磁気リコネクション」の重要性を予見しプラズマ粒子の運動状態を解くシミュレーションを世界に先駆けて行い、今後の高エネルギー天文学の議論の発展に貢献しています。

科学技術分野の文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者を表彰しその功績を讃えることで、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、日本の科学技術水準の向上に寄与することを目的としています。 表彰式は、2016年4月20日に文部科学省(東京都千代田区)にて執り行われました。

注1:総合研究大学院大学 物理科学研究科天文科学専攻 准教授(併任)
注2:総合研究大学院大学 物理科学研究科天文科学専攻 教授(併任)
注3:総合研究大学院大学 物理科学研究科天文科学専攻 助教(併任)

関連リンク