自然科学研究機構 国立天文台

天文学専用スーパーコンピュータ「アテルイ」、さらに2倍の計算速度へ

トピックス

天文学専用スーパーコンピュータ「アテルイ」

国立天文台天文シミュレーションプロジェクト(Center for Computational Astrophysics、CfCA)では2014年9月11日から30日、数値計算専用スーパーコンピュータCray XC30システム「アテルイ」のアップグレードを行い、同10月1日より共同利用運用を開始しました。今回のアップグレードでは最新のCPUへの交換によって、理論演算性能がこれまでの502Tflopsから約2倍の1.058Pflopsに向上し、アテルイはペタフロップスマシンへと飛躍しました。新しいアテルイではこの性能を活かし、シミュレーション天文学の観点からさらなる宇宙の理解を加速させることが期待されます。

詳しくは、天文学専用スーパーコンピュータ「アテルイ」、さらに2倍の計算速度へ(CfCA)をご覧ください。

関連リンク