自然科学研究機構 国立天文台

強弱重力レンズを組み合わせたダークマター分布の精密測定

研究成果

IPMUの大栗真宗特任助教を中心とする国際研究チームはすばる望遠鏡で観測された28個の銀河団画像について「強い」重力レンズ現象と「弱い」重力レンズ現象を組み合わせた解析を行うことで銀河団内のダークマター分布をこれまでにない精度で明らかにしました。特に、ダークマター分布の中心集中度について理論予言との矛盾が指摘されており長らく論争が続いていましたが、その論争に決着をつける重要な成果です。

詳しい内容