自然科学研究機構 国立天文台

【ライブ配信】部分月食(2021年11月19日)

イベント

2021年11月19日に部分月食が起こります。

今回の月食の最大食分は0.978で、これは月の直径の97.8パーセントまで影に入り込むことを意味し、部分月食としてはたいへん大きな値です。(月が地球の影の中に入り込む程度(影で覆われる月の直径の度合い)を「食分」という数値で表します。その値が大きいほど影の中に月が深く入り込み、1.0以上で皆既月食となります。)

国立天文台では東京都にある三鷹キャンパスから、このほぼ皆既と言える「部分月食」をライブ配信します。

部分月食予報[東京都] 2021年11月19日
16時27.6分:月の出(食分0.124)
18時02.9分:食の最大(食分0.978)
19時47.4分:部分食の終わり

配信日時(予定):2021年11月19日 午後4時から午後8時:ライブ映像

解説:
山岡均(国立天文台 准教授/天文情報センター長・広報室長)
渡部潤一(国立天文台 上席教授/副台長)

※天候、機材、ネットワーク等の都合や新型コロナウイルス感染症の状況により、この配信は予告なく中止・中断・変更をする可能性があります。あらかじめご了承ください。

YouTubeで視聴する

※報道機関の方へ

このライブ配信の映像は自由にご利用いただけます。ご利用の際は「国立天文台」とクレジットを表示してください。