自然科学研究機構 国立天文台

東京の星空・カレンダー・惑星(2022年9月)

概要

9月は、日々形を変えながら夜空を移動していく月と、その近くに見える天体に注目しましょう。10日の中秋の名月前後、月は土星や木星の近くに見えます。木星は27日に衝となり、これからが見頃となります。さらに月は、17日には火星の近くに見えます。このとき、火星の近くにはおうし座の1等星アルデバラン、ヒアデス星団も見えています。

東京の星空

東京の星空(2022年9月中旬20時頃)
画像サイズ:中解像度(2000 x 2000) 高解像度(5500 x 5500)

カレンダー(9月)

1日二百十日
4日上弦
8日白露(太陽黄経165度)
10日中秋の名月/満月/水星が留
17日海王星が衝
18日下弦
19日敬老の日
20日彼岸の入り
23日秋分の日/秋分(太陽黄経180度)/水星が内合
26日新月
27日木星が衝

惑星

水星
上旬から中旬にかけて、日の入り後の西の低空に位置しています。23日に内合となり、以後は日の出前の東の低空に位置するようになります。高度が低く観察は難しいでしょう。
金星
日の出直前の東の低空に位置していますが、見かけの位置が太陽に近く、観察は難しいでしょう。
火星
おうし座を東に移動しています(順行)。真夜中の東の空に見え、明るさはマイナス0.1等からマイナス0.5等。
木星
うお座とくじら座の境界付近を西に移動し(逆行)、27日に衝となります。真夜中の南の空に見え、明るさはマイナス2.9等。
土星
やぎ座を西に移動しています(逆行)。宵の南東の空に見え、明るさは0.4等から0.5等。

(参照)暦計算室ウェブサイト今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。こよみ用語解説天象の項では、最大離角、衝、合、留などの惑星現象の用語について解説しています。