自然科学研究機構 国立天文台

東京の星空・カレンダー・惑星(2022年1月)

概要

2022年注目の天文現象は、しぶんぎ座流星群で幕を開けます。今年は月明かりの影響もなく、たいへん良い条件で観察ができると予想されますが、しぶんぎ座流星群のピークは短時間であるため、事前の予習が大切です。1月の前半は、日の入り後の南西の低空に水星、土星、木星が見えています。4日から6日にかけてこれら3惑星と月の接近が楽しめます。また、7日に東方最大離角となる水星も見つけやすくなります。18日の満月は、2022年で地球から最も遠い満月です。

東京の星空

東京の星空(2022年1月中旬20時頃)
画像サイズ:中解像度(2000 x 2000) 高解像度(5500 x 5500)

カレンダー(1月)

1日元日
3日新月
4日地球が近日点通過/6時頃、しぶんぎ座流星群が極大(見頃は4日未明。1時間に50個程度。月明かりがなく大変良い条件。流星数は当たり外れが大きい)
5日小寒(太陽黄経285度)
7日水星が東方最大離角
9日金星が内合
10日成人の日/上弦
14日水星が留
17日土用の入り(太陽黄経297度)
18日満月(2022年で地球から最も遠い満月)
19日天王星が留
20日大寒(太陽黄経300度)
23日水星が内合
25日下弦
29日金星が留

流星群の極大日、時刻は、IMO(International Meteor Organization/国際流星機構)の予報をもとに掲載しています。流星群の流星出現個数は、見頃の時期に、天の川が見えるような暗い空で一般の方が観察したときに、1時間あたりに見られる最大の流星数の目安です。街明かりの中で観察したり、見頃でない時期に観察したりした場合には、数分の1になることがあります。反対に、空の条件や観察者の熟練度などによって、数倍の数の流星を見ることができる場合があります。

惑星

水星
上旬から中旬にかけては、日の入り後の西の低空に位置しています。7日に東方最大離角となり、東京では7日から11日の間、日の入り30分後の高度が10度を超え、観察しやすくなります(他の地域でも大きな違いはありません)。7日から11日の明るさはマイナス0.6等からマイナス0.3等。その後徐々に高度が下がり、23日に内合となります。内合以降は日の出前の東の低空に位置するようになります。
金星
上旬は日の入り後の西の低空に位置していますが、9日に内合となり、以後は日の出前の南東の低空に位置するようになります。このころは見かけの位置が太陽に近く、観測は難しいのですが、下旬になると日の出30分前の高度が10度を超えるようになり、目に付きやすくなるでしょう。明るさはマイナス4.2等からマイナス4.8等。
火星
へびつかい座を東に移動し、下旬にはいて座に移ります(順行)。日の出前の南東の低空に見え、明るさは1.5等から1.4等。
木星
みずがめ座を東に移動しています(順行)。日の入り後の南西の空に見え、明るさはマイナス2.1等。
土星
やぎ座を東に移動しています(順行)。日の入り後の南西の低空に位置していますが、下旬になると見かけの位置が太陽に近くなり、観察は難しいでしょう。

(参照)暦計算室ウェブサイト今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。こよみ用語解説天象の項では、最大離角、衝、合、留などの惑星現象の用語について解説しています。