自然科学研究機構 国立天文台

東京の星空・カレンダー・惑星(2019年8月)

概要

梅雨が明け、天候が安定する季節になりました。宵の空には夏の星座や明るい惑星が見え、とてもにぎやかです。10日には水星が西方最大離角となり、日の出直前の東の低空で見つけやすくなります。13日前後のペルセウス座流星群は、明るい月が夜空に見えているため、あまり多くの流星を見ることができません。月明かりに負けないくらい明るい流星が見られることに期待しましょう。

東京の星空

東京の星空(2019年8月中旬21時頃)
画像サイズ:中解像度(2000 x 2000) 高解像度(5500 x 5500)

カレンダー(8月)

1日新月/水星が留
7日伝統的七夕
8日立秋(太陽黄経135度)/上弦
10日水星が西方最大離角
11日山の日
12日休日/木星が留/天王星が留
13日16時頃、ペルセウス座流星群が極大(見頃は13日未明。1時間に10個程度。月が明るく条件がたいへん悪いが、13日夜明け前に月が沈んだ後の1時間程度は1時間に30個程度の流星が期待できる)
14日金星が外合
15日満月
23日処暑(太陽黄経150度)/下弦
30日新月

流星群の極大日、時刻は、IMO(International Meteor Organization/国際流星機構)の予報をもとに掲載しています。流星群の流星出現個数は、見頃の時期に、天の川が見えるような暗い空で一般の方が観察したときに、1時間あたりに見られる最大の流星数の目安です。街明かりの中で観察したり、見頃でない時期に観察したりした場合には、数分の1になることがあります。反対に、空の条件や観察者の熟練度などによって、数倍の数の流星を見ることができる場合があります。

惑星

水星
日の出前の東の低空に位置し、10日に西方最大離角となります。東京では8月8日から15日の間の日の出30分前の高度が10度を超えるため、観察しやすくなります。8月8日から15日の明るさは、0.4等からマイナス0.6等。
金星
14日に外合となり、以後は日の入り直後の西の低空に位置するようになります。見かけの位置が太陽に近く、観察には適していません。
火星
しし座を東に移動しています(順行)。見かけの位置が太陽に近く、観察は難しいでしょう。
木星
へびつかい座を西に移動(逆行)していますが、12日に留となり、以後は東向きの移動に転じます。留のころには、星空の中での木星の動きが止まったように見えます。宵の南の空に見え、明るさは、マイナス2.4等からマイナス2.2等。
土星
いて座を西に移動しています(逆行)。宵の南東から南の空に見え、明るさは、0.2等から0.3等。

(参照)暦計算室ウェブサイト今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。こよみ用語解説天象の項では、最大離角、衝、合、留などの惑星現象の用語について解説しています。