自然科学研究機構 国立天文台

水星が西方最大離角(2019年8月)

2019年8月10日 日の出30分前の水星の位置
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

夜明け前の東の低空に注目しよう

8月上旬から中旬にかけて、日の出直前の東の低空には水星が見えています。

地球よりも内側を公転している水星は、見かけの位置が太陽から大きく離れることがありません。このため、水星観察のチャンスは、日の出直前か日の入り直後のわずかな時間に限られます。そして、「最大離角」のころには水星の見かけの位置が太陽から離れるため、観察しやすくなります。

水星は8月10日に西方最大離角となります。東京では8月8日から15日にかけて、日の出30分前の水星の高度が10度を超え、見つけやすくなります。この期間、水星はほぼ同じ方角に位置し、高度がわずかに変化するだけです。東の方角が開けている場所で、真東から少しだけ北よりの低空にある水星を探してみてください。水星を追いかけるように太陽が昇ってきますので、双眼鏡を使う場合は日の出の前には観察を終えるようにしましょう。

(参照)暦計算室ウェブサイト今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。こよみ用語解説天象の項では、最大離角、衝、合、留などの惑星現象の用語について解説しています。