自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

秋のひとつ星を見よう(2018年11月)

フォーマルハウトの南中する2018年11月中旬19時頃の東京の星空と、11月1日から12月16日までの火星の位置を示した図
画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

秋の星座ただ一つの1等星、フォーマルハウトを見つけよう!

季節が秋から冬へと移り変わるこの時期、夏の星座が西の空に傾き、南の空には秋の星座が昇ってきています。1等星がたくさんある夏の星座に比べ、秋の星座の1等星は、みなみのうお座のフォーマルハウトただ一つしかありません。フォーマルハウトの東京での南中高度は25度ほどと、さほど高くはありませんが、周囲に明るい星がないためよく目立っています。そして、ぽつんと輝くその姿は「秋のひとつ星」とも呼ばれています。少々寂しいイメージの呼び名ではありますが、今年は南の空に火星も加わり、秋の夜空に彩りをそえています。11月中旬の東京では、フォーマルハウトは19時頃に南中します。11月の初め頃、火星はフォーマルハウトの右上の方に見えていますが、星座の中をどんどん東に移動していき、12月上旬にはフォーマルハウトとほぼ同じ頃に南中するようになります。

各地におけるフォーマルハウトや火星の南中時刻は、暦計算室ウェブサイトの「暦象年表」内の「恒星の出入りと子午線通過 」、「太陽系天体の出入りと南中」などで調べることができます。

フォーマルハウトと火星の南中時刻(東京)
日付日の入りフォーマルハウトの南中火星の南中
11月1日16時46分19時57分18時37分
11月6日16時42分19時37分18時28分
11月11日16時37分19時18分18時20分
11月16日16時34分18時58分18時11分
11月21日16時31分18時38分18時03分
11月26日16時29分18時19分17時55分
12月1日16時28分17時59分17時47分
12月6日16時28分17時39分17時39分
12月11日16時28分17時20分17時32分
12月16日16時29分17時00分17時24分

フォーマルハウトの周囲には、ハッブル宇宙望遠鏡の観測によってチリの環があることがわかっていました。そしてさらに、アルマ望遠鏡の観測によって、この環はフォーマルハウトのまわりを公転している惑星によって形が保たれていることなどが明らかになりました。フォーマルハウトを眺めながら、地球から遠く離れたところにある惑星や、宇宙について思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

参照:暦計算室ウェブサイト

今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。

関連リンク