自然科学研究機構 国立天文台

中間赤外線で見た土星リング

天体写真・

中間赤外線で見た土星リング

すばる望遠鏡の冷却中間赤外線分光撮像装置COMICS(Cooled Mid-Infrared Camera and Spectrometer)が撮影した土星の姿です。土星のリングの輝き方が、私たちが見慣れている可視光線での姿とはまったく異なります。2008年に撮影したこの中間赤外線画像では、可視光線では暗いはずの「カッシーニのすき間」と「Cリング」が明るく見えているのです。これは、「カッシーニのすき間」と「Cリング」が、リングの他の部分に比べて温かいためと考えられます。さらに、研究結果から中間赤外線でのリングの見え方には、季節変化があることもわかりました。土星リングの性質を知る上での重要な知見です。

文:藤原英明(ハワイ観測所)

画像データ

天体土星
望遠鏡すばる望遠鏡
観測装置COMICS
波長11.7マイクロメートル、18.8マイクロメートル、24.5マイクロメートル
露出計115秒
撮影日時2008年1月23日
撮影者P. A. Yanamandra-Fisher ほか
画像処理藤原英明
クレジット国立天文台

ダウンロード

関連リンク