自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

特設サイト「多波長で観る宇宙」がウェブ・アワード2016 ベスト・サイエンス賞を受賞!

トピックス

ベストサイエンス賞トロフィー

米国ウェブ・マーケティング協会が優れたウェブサイトに贈るウェブ・アワード・コンテスト2016のベスト・サイエンス・ウェブサイト賞に、国立天文台の特設サイト「Multiwavelength Universe(日本語版タイトル:多波長で観る宇宙)」が選ばれました。

ウェブ・マーケティング協会は、1997年にボストンで設立されたボランティア組織です。ウェブサイトの発展のため毎年開催してるウェブ・アワード・コンテストには96のカテゴリーがあり、世界中から多くの優れたウェブサイトがエントリーしています。「多波長で観る宇宙」をサイエンスのカテゴリーでエントリーしたところ、たいへん高い評価をいただき、ベスト・サイエンス・ウェブサイト賞を受賞しました。

特設サイト「多波長で観る宇宙」とは

多波長で観る宇宙のスクリーンショット

「多波長で観測することの意味は?」「国立天文台は、なぜ複数の望遠鏡を運用しているの?」 — 国立天文台に投げかけられる、このような疑問に答えることを目的に本サイトを制作しました。異なる波長で観測されたアンテナ銀河の姿を入り口に、さまざまな波長で観る多彩な宇宙の姿を紹介する内容になっています。また、美しく迫力のある天体画像を集め、多くの方が眺めるだけでも楽しめるサイトを目指しました。

はじめての方も、以前ご覧になった方も、これを機に本サイトアクセスしていただき、宇宙の姿を解明するために重要となる多波長観測の科学的意義を知っていただきたいと思います。

多波長で観る宇宙

※推奨環境:パソコンやタブレット。画面が小さいスマートフォンによる閲覧は推奨しません。あらかじめご了承ください。

関連リンク