超巨大ブラックホール近傍から噴出する電波ジェット根元のふらつき現象を発見

山口大学大学院理工学研究科の新沼浩太郎准教授、韓国天文宇宙科学研究院の紀基樹特任上席研究員等で構成される研究チームは、これまで不動と思われていた電波ジェットの根元の位置が、ジェット噴流の軸に沿って大きく“ふらつく”新しい現象を発見しました。活動銀河の中心に潜む超巨大ブラックホール近傍から噴出する電波ジェットは長年観測されていますが、根元の“ふらつき現象”を直接検出したのは世界で初めてです。

これは地球から約133メガパーセク(4.3億光年)の位置にある活動銀河マルカリアン421の中心核付近で起こったX線大爆発現象の直後から約7カ月間にわたって、超長基線電波干渉計(VLBI)である国立天文台のVERA電波望遠鏡を用いて高空間解像度かつ高頻度の観測を行って得られた成果です。

今回の新発見は、宇宙物理学において長年の謎となっている超巨大ブラックホール近傍から噴出するジェットの形成メカニズムを理解する上での新たな手掛かりのひとつとなることが期待されます。

VERA電波望遠鏡で観測した、マルカリアン421のジェットの根元の動き。最も大きく動いた時には、最初の位置に比べて30光年下流まで動いたことになる。オリジナルサイズ(910KB)

本研究成果は2015年7月1日発行の米国の天体物理学専門誌『アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ』に載されました。(K. Niinuma et al. 2015 ApJ 807 L14, "Discovery of a Wandering Radio Jet Base after a Large X-Ray Flare in the Blazar Markarian 421"

関連リンク