宇宙空間に漂うサッカーボール

台湾中央研究院の研究者を中心とする国際研究チームは、サッカーボールのような形を持つ「C60フラーレン」という炭素質のダスト(塵)を、おおいぬ座にある惑星状星雲M1-11(地球からの距離6800光年)で検出しました。

2010年にアメリカの赤外線天文衛星スピッツァーを用いた観測によって宇宙空間にC60が初めて確認されて以来、現在までにおよそ20天体でC60が確認されていますが、どのような環境で、どれくらい存在し、どのように形成されるのかはよくわかっていません。

研究チームは、赤外線天文衛星「あかり」と国立天文台岡山天体物理観測所188センチメートル望遠鏡、すばる望遠鏡で取得された、赤外線から可視光までの広い波長域の観測データを使うことで、M1-11は元の恒星の質量が太陽と同程度であることや、惑星状星雲に進化してからわずか1000年ほどしか経っていないこと、11元素の正確な組成比を明らかにしました。このようにC60が生成された現場の物理状態を定量的に明らかにしたのは、本研究が初めてです。

詳しくは、宇宙空間に漂うサッカーボールをご覧ください。

論文掲載誌

この研究成果は、米国の天体物理学専門誌『アストロフィジカル・ジャーナル』2013年2月10日号に掲載されました。
(Otsuka et al. "The Detection of C60 in The Well-Characterized Planetary Nebula M1-11" the Astrophysical Journal, Vol. 764, page 78-97)

関連リンク

この記事はキッズ向けページがあります。

物質ってなーに? 印刷版

Space Scoop

ユニバース・アウェアネスは、世界のこどもたちに宇宙の広さや天体の美しさを感じてもらうために、教材やニュースの配信を行っているサイトです。ユニバース・アウェアネスのコンテンツ「スペーススクープ」の記事は、本記事をキッズ向けに再構成して公開しています。