自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

ほしぞら情報2014年11月

目次

東京の星空

東京の星空(2014年11月中旬20時頃)
大きなサイズで見る

カレンダー(11月)

1日水星が西方最大離角
3日文化の日
7日満月 / 立冬(太陽黄経225度)
12日このころ、おうし座北流星群が極大(月明かりがあり、条件が悪い)
15日下弦
16日海王星が留
18日土星が合 / 午前7時頃、しし座流星群が極大(月明かりが少なく、条件が良い) 
22日新月 / 小雪(太陽黄経240度)
23日勤労感謝の日
24日休日
29日上弦

惑星

水星
日の出前の東の空にあります。1日に西方最大離角となるため、月初めは観察の好機です。高度は徐々に下がり、10日頃以降は観察が難しくなります。1日から9日までの明るさはマイナス0.5等~マイナス0.8等。
金星
日の入り後の西の空にありますが、見かけ上太陽に近いため観察には適しません。
火星
いて座を東に移動していきます。日の入り後に南西の低空に見え、20時頃に沈みます。明るさは0.9等~1.0等。
木星
しし座にあります。真夜中頃に東の地平線から姿を現し、日の出前には南の空の高い位置にまで移動します。明るさはマイナス2.1等~マイナス2.2等。
土星
てんびん座にあります。見かけ上太陽に近いため、観察には適しません。

参照:暦計算室ウェブサイト

  • 「今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます
  • こよみ用語解説天象の項では、最大離角、衝、合、留などの惑星現象の用語について解説しています

トピックス

木星の衛星の相互現象

木星には「ガリレオ衛星」と呼ばれる明るい4つの衛星があり、木星から軌道が近い順にイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストという名前がついています。2014年8月から2015年8月にかけて、衛星が別の衛星に隠される現象や、衛星の影の中に別の衛星が入る現象が起こる時期となります。このような機会は6年に一度訪れます。

11月に起こる現象のうち観察しやすい2つを紹介します。いずれも、ガリレオ衛星の中で最も大きいガニメデが、イオを完全に隠す現象です。望遠鏡を持っている方は、観察してみてはいかがでしょう。

11月23日 1時31分 ガニメデがイオを隠す
11月23日 1時31分 ガニメデがイオを隠す大きなサイズ
11月30日 4時20分 ガニメデがイオを隠す
11月30日 4時20分 ガニメデがイオを隠す大きなサイズ

数十分前から見ていると、2つの衛星が徐々に近づいていき、やがてひとつに見えるようになります。イオが隠されている最中には、少し暗くなる様子がわかるかもしれません。さらに時間が経過すると、また2つの衛星として分かれて見えるようになります。

水星を観察しよう

水星が1日に西方最大離角を迎えます。そのため、月初から10日頃までは水星の高度が高くなり、観察の好機となります。

日の出の1時間から30分くらい前の、空があまり明るくならないうちに、東の空が開けた場所で、地平線近くを探してみましょう。双眼鏡を使うと、水星を見つけやすいでしょう。(双眼鏡で太陽を見ないよう十分注意してください。)

2014年10月下旬から11月上旬、日の出30分前の東京の空
大きなサイズ