自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

天文情報

ほしぞら情報

注目の天文現象

金星が最大光度

夕焼けに染まる西の空でひときわ明るく輝く金星が、2月17日に最大光度を迎えます。このころの明るさは1等星のおよそ170倍明るい、マイナス4.6等に達します。日の入り後の空に明るく輝いているため、このころ一番星を見つけたらそれはおそらく金星でしょう。

    

金星が最大光度(ほしぞら情報 2017年2月)

  

2017年のほしぞら情報一覧 ほしぞら情報一覧

天文現象の一般的な解説