天文情報

ほしぞら情報2016

注目の天文現象

2016年8月9日21時頃 東京の空

伝統的七夕

「伝統的七夕」は、太陰太陽暦(いわゆる旧暦)の7月7日にちなんだ、かつての七夕のことです。この日の宵空には、七夕の星々が空高く昇り、上弦前の月が南西の空に輝きます。今年の伝統的七夕の日は8月9日です。織姫星(こと座の1等星ベガ)と彦星(わし座の1等星アルタイル)、そして、夜空の暗い場所でしたら、天の川をさがしてみましょう。

    

ほしぞら情報8月:伝統的七夕

ペルセウス座流星群の放射点

ペルセウス座流星群が極大

ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。2016年のペルセウス座流星群はたいへんよい条件で観察ができます。8月11日が上弦のため、夜半頃に月が沈むので、その後は月明かりの影響がない暗い空で観察ができます。また、今年は普段の年よりも流星群の活動が活発で、例年より多くの流星が見られるかもしれないという予想もあります。

    

ほしぞら情報8月:ペルセウス座流星群が極大

2016年のほしぞら情報一覧 ほしぞら情報一覧

天文現象の一般的な解説