自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

太陽フレア望遠鏡

最新技術の観測装置で太陽活動を監視

太陽フレア望遠鏡

太陽は私たちに恵みを与えてくれる星です。ただし、いつも同じように光っているのではなく、太陽フレアと呼ばれる爆発が起こったり、11年周期で太陽黒点の数が増減することがよく知られています。これらの太陽活動の変動は太陽が持つ「磁場」に強く関係しています。

太陽フレア望遠鏡では現在、最新技術の観測装置を搭載し、赤外線偏光観測により太陽活動と磁場との関係を解明するための研究が行われています。また、太陽の光球から発せられる可視光線、彩層から発せられるHα線(水素特有の線)、そして光球と彩層の磁場の3種類のデータを太陽全面で同時に取得することによって、長期にわたって太陽活動を監視しています。

太陽フレア望遠鏡は常時公開コースに含まれておらず、ご覧になることができません。職員による解説つきの団体見学に対応していますので、詳しくは団体見学をご覧ください。

太陽観測所ウェブサイト

概要

T1:Hα太陽全面撮像装置
口径15センチメートル
焦点距離225センチメートル
T2:赤外線スペクトロポラリメータ
口径15センチメートル
焦点距離180センチメートル
T4:Gバンド・連続光太陽全面撮像装置
口径15センチメートル
焦点距離225センチメートル