宇宙図について
宇宙図のねらい

このポスターの狙いは、宇宙に対して興味を深める機会を多くの方に提供すると同時に、宇宙の新しい楽しみ方を広く提案することです。人間と宇宙の関わりや、身の回りにあふれる物質の起源、宇宙の歴史やその構造など、どなたでも一度は気になる宇宙の謎について、最新の天文学が到達した成果をしっかり盛り込むことにしました。
一読すると難解に見えますが、ぜひ、じっくりと時間をかけて読んでみてください。

宇宙図の制作について

「一家に1枚宇宙図2007」は、「一家に1枚周期表」、「一家に1枚ヒトゲノムマップ」に続く、「一家に1枚」シリーズ第3弾として作られたポスターです。本サイトは、その内容を補足する目的で開設されています。

「一家に1枚 宇宙図 2007」ポスターの制作にあたっては、下記の方々及び各機関のご協力をいただきました。
 
監修:文部科学省、(科学技術週間 http://stw.mext.go.jp/)、(社)日本天文学会 天文教材委員会

著作・販売:(財)科学技術広報財団

企画:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台天文学とプラネタリウム

制作:「一家に1枚 宇宙図 2007」制作委員会
縣秀彦、小阪淳、高梨直紘、平松正顕、川越至桜、成田憲保、内藤誠一郎、日下部展彦、高田裕行、石川直美、杉山直、市来淨與、山岡均

アートディレクション:小阪淳

コピーディレクション:片桐暁

協力:観山正見、佐藤勝彦、青木和光、三浦均、額谷宙彦、杵島正洋、石崎昌春他

参考文献:D. N. Spergel et al. (2007)"Wilkinson Microwave Anisotropy Probe(WMAP)Three Year Results: Implications for Cosmology"(The Astrophysical Journal, astro-ph/0603449)

画像提供:国立天文台・ハワイ観測所すばる望遠鏡、三鷹キャンパス50cm望遠鏡、石垣島天文台105cm望遠鏡/国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2U)/小久保英一郎/長島雅裕/矢作日出樹/ネイチャー・プロダクション/吉田直紀/Anglo-Australian Observatory/David Malin Images/Caltech/CNES/ESA/ESO/HEIC/James Clerk Maxwell Telescope, Joint Astronomy Centre, Hawaii/JPL/J.William Schopf,University of California,Los Angeles/Malin Space Science Systems/NASA/NOAA/SOHO/Space Science Institute/The Hubble Heritage Team(STScI/AURA)/Trifonov,E.N.,Sussman,J.L.,Smooth bending of DNA in chromatin.In:"Molecular Mechanisms of Biological Recognition"(Ed. M. Balaban),Elsevier/North Holland Biomed.Press,1979,pp.227-232/WMAP Science Team

「一家に1枚 宇宙図 2007」Web制作委員会
夏苅聡美、内藤誠一郎、小阪淳、高梨直紘、平松正顕、川越至桜、成田憲保

協力:玉置陽一、小林秀明

自然科学研究機構 国立天文台 天文情報センター 

宇宙図の頒布について

宇宙図は、財団法人科学技術広報財団にて有料頒布されています。
http://www.pcost.or.jp/