自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

新型の超広視野カメラが開眼、ファーストライト画像を初公開

トピックス

すばる望遠鏡に搭載され、本格的な観測を始めた超広視野主焦点カメラ Hyper Suprime-Cam (ハイパー・シュプリーム・カム、HSC) が、アンドロメダ銀河M31の姿を鮮明に捉えました。アンドロメダ銀河は一般にも有名な天体で、日本やハワイから見える銀河としては見かけの大きさが最大のものです。それゆえ、従来の地上大望遠鏡ではその姿を一度に捉えることができませんでした。今回すばる望遠鏡に新たに搭載されたHSCは、満月9個分の広さの天域を一度に撮影できる世界最高性能の超広視野カメラです。独自に開発した116個のCCD素子を配置し、計8億7000万画素を持つまさに巨大なデジタルカメラです。HSC の持つ広い視野により、すばる望遠鏡はアンドロメダ銀河のほぼ全体を1視野で捉えることに成功しました。すばる望遠鏡に当初から搭載されているSuprime-Cam(シュプリーム・カム)では、アンドロメダ銀河の一部 (満月よりやや広い視野) をシャープに撮影できていましたが、HSCの登場により観測の効率がさらに大きく高まります。

すばる望遠鏡に搭載された HSC がとらえたアンドロメダ銀河M31の姿
すばる望遠鏡に搭載された HSC がとらえたアンドロメダ銀河M31の姿(クレジット:HSC Project / 国立天文台)
拡大・縮小が可能な画像はこちらからご覧になれます。
すばる望遠鏡に当初から搭載されているSuprime-Camと、今回HSCが写し出したアンドロメダ銀河M31の視野の比較。
すばる望遠鏡に当初から搭載されているSuprime-Cam(左下、中央) と、今回HSC(右)が写し出したアンドロメダ銀河M31の視野の比較。黄色い枠は過去にSuprime-Camで撮影された領域を示します。左上には月の典型的な見かけの大きさが示されています。(クレジット:国立天文台)

詳しくは、新型の超広視野カメラが開眼、ファーストライト画像を初公開(すばる望遠鏡)をご覧ください。

関連リンク