世界最速の天文学専用スーパーコンピュータ始動!

国立天文台天文シミュレーションプロジェクトは、天文学専用の新しいスーパーコンピュータを水沢 VLBI 観測所(岩手県奥州市)に設置しました。本格的な共同利用運用は2013年4月1日から始まっています。新しいスーパーコンピュータは、クレイ・ジャパン・インクの大規模並列計算機Cray XC30システム(愛称: アテルイ)です。天文学専用のスーパーコンピュータとして、現時点で世界最速のシステムです。

Figure
大規模並列計算機 Cray XC30 システム(愛称: アテルイ)

理論演算性能は、導入時に502Tflops(注)で、2014年9月までに更新を行い、1Pflops(注)を超える予定です。アテルイは、情報通信研究機構が運用する高速ネットワーク回線を介して、奥州市にありながら国内外からのアクセスやデータ転送が容易になっています。アテルイではこれから5年間、かつてない大規模・高精度なシミュレーションが数多く実行され、「理論天文学の望遠鏡」としての活躍が期待されています。

注:flops とは計算速度の単位。1Tflops、1Pflops はそれぞれ1秒間に1兆回、1千兆回の演算ができることを意味する。

詳しくは、世界最速の天文学専用スーパーコンピュータ始動!をご覧ください。

関連リンク