森田耕一郎教授追悼会をサンチャゴで開催

2012年5月7日(チリ時間)に死去された森田耕一郎教授の追悼会が5月14日、国際アルマ観測所(JAO)サンチャゴ中央事務所で開催されました。アルマ望遠鏡のサイト(山麓施設:OSF)とはテレビ会議で中継され、合せて約80名のJAO職員、日米欧の現地スタッフが参列しました。

Thijs de Graauw JAO所長が司会進行を務め、長谷川哲夫 国立天文台チリ観測所長から森田教授の経歴・業績紹介、Ravinder Bhatia(JAO Project System Engineer)、中西康一郎(JAO CSV Scientist)、Nick Whyborn(JAO Array System Group manager)の各氏が森田教授へのメッセージを述べたあと、奥様から思い出が語られました。OSFからは友人として、Joaquin Collao氏(NAOJ Site Manager)にメッセージを伝えていただきました。追悼会の後、JAO中央事務所のホールにて、ご家族は参加の皆さんと懇談されました。

追悼会の様子

また、これに先立つ5月12日、サンチャゴ市内の遺体安置所施設において、ご遺体とお別れする会を開催しました。村上秀徳 在チリ日本特命全権大使、Thijs de Graauw JAO所長夫妻、Lewis Ball JAO副所長をはじめとするJAO関係者、地元関係企業の方、国立天文台職員等、数十名が参列しました。

関連リンク