すばる望遠鏡が捉えたラブジョイ彗星(C/2013 R1)の尾の素早い変化

国立天文台、ニューヨーク州立大学、都留文科大学の研究者からなる研究チームは、ハワイ時間2013年12月4日にすばる望遠鏡でラブジョイ彗星(C/2013 R1(Lovejoy)) を詳しく観測した結果、イオンの尾の構造が、20分ほどの間に大きく変化していたことを発見しました。地球に近づき、かつ十分明るく見える彗星は1年に1つあるかないかと数が少ないため、イオンの尾の短時間での急激な変化は観測データも少なく、未だにあまりよく理解されていません。すばる望遠鏡の広い視野と高い集光力がこの分野に新たな展開をもたらすことが期待されます。

彗星のイオンの尾の大局的な時間変化のアニメーション
彗星のイオンの尾の大局的な時間変化を、Iバンドで得られた2分露出の3枚の画像から作成したGIFアニメーションとして示しました。特に尾の下流の方(像下側)で、尾の幅が時刻とともに細くなっていたことがわかります。右下の時刻表示は露出開始時点のハワイ時間で、2013年12月4日早朝。オリジナルサイズ(3.4MB)

詳しくは、すばる望遠鏡が捉えたラヴジョイ彗星 (C/2013 R1) の尾の素早い変化をご覧ください。

関連リンク