自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

太ったブラックホールは都会育ち:仮想天文台による“観測”成果

研究成果

国立天文台の研究者を中心とする研究チームは、より大質量の巨大ブラックホールは、より銀河が密集した領域にあることを明らかにしました。多くの銀河の中心には巨大なブラックホールがあります。銀河中心のブラックホールがどのように重くなっていったのかは、よくわかっていませんでした。本研究成果は、銀河が密集した領域では、銀河の合体が頻繁におこり、巨大ブラックホールの成長を引き起こしていることを示唆します。

銀河の分布と、活動銀河核を持つ銀河、そしてその中心にある活動銀河核の想像図。活動銀河核は銀河中心にある巨大ブラックホールに周囲のガスが落ち込むことにより明るく輝く天体です。 今回の研究では、銀河中心の巨大ブラックホールの質量が、周囲の銀河の分布と関連していることが明らかになりました。

研究チームは、中心に巨大ブラックホールをもつ銀河がどのような環境にあるのかを調べました。そのために、世界中にある様々な天文データベースをインターネットによって連携させ、統合的に利用できるようにした「仮想天文台」を活用しました。仮想天文台によって集められた巨大ブラックホールの数は約1万個、巨大ブラックホールをもつ銀河の周辺環境を調べるためには約7千万天体にも及ぶ銀河のデータが利用されました。

ブラックホール質量による銀河の密集度の違い(縦軸は銀河密度が高くなっている領域のサイズを表し、大きいほど密集度が高い)。大質量側では、より重いブラックホールがより銀河の密集した環境にあります。一方、低質量側では相関が見られません。

今回の研究成果は、天文学専門誌アストロフィジカル・ジャーナル誌(vol.775, article id.43)に掲載されました。
Komiya et al. "A Cross-correlation Analysis of Active Galactic Nuclei and Galaxies Using Virtual Observatory: Dependence on Virial Mass of Supermassive Black Hole"

詳しくは、太ったブラックホールは都会育ち:仮想天文台による"観測"成果(天文データセンター JVOプロジェクト)をご覧ください。

関連リンク

この記事はキッズ向けページがあります。

宇宙のビジョンをシェア 印刷版

Space Scoop

ユニバース・アウェアネスは、世界のこどもたちに宇宙の広さや天体の美しさを感じてもらうために、教材やニュースの配信を行っているサイトです。ユニバース・アウェアネスのコンテンツ「スペーススクープ」の記事は、本記事をキッズ向けに再構成して公開しています。