すばる望遠鏡SEEDSプロジェクト、「第二の木星」の直接撮影に成功

東京工業大学・東京大学・国立天文台を中心とする研究チームは、地球から約60光年離れた太陽型の恒星(GJ 504)を周回する惑星GJ 504 bを、世界で初めて直接撮像法で検出することに成功しました。この惑星は、惑星の明るさから質量を推定する際に生じる不定性が小さく、質量推定の信頼度が極めて高いものです。これまで直接撮像された惑星と比較して、最も暗くかつ最も温度が低いことが分かっており、「第二の木星」の直接撮像にこれまでで最も近づいたと言えます。

すばる望遠鏡HiCIAOによる、太陽型恒星GJ 504のまわりの低質量惑星GJ 504 bの赤外線カラー合成画像。コロナグラフにより中心の明るい主星からの光の影響は抑制されていますが、それでも取りきれない成分が中心部から放射状に広がっています。右はノイズに対する信号強度を画素ごとに表わしたもので、惑星検出が十分に有意であること、主星のまわりの成分はノイズであることを示しています。主星は太陽に似た恒星で、おとめ座の方向、約60光年の距離にあります。(クレジット:国立天文台)

本研究成果は、米国の天文学専門誌『アストロフィジカル・ジャーナル』に掲載される予定です。(Kuzuhara et al. 2013, "Direct Imaging of a Cold Jovian Exoplanet in Orbit around the Sun-like Star GJ 504", The Astrophysical Journal, in press)。

詳しくはすばる望遠鏡SEEDSプロジェクト、「第二の木星」の直接撮影に成功(すばる望遠鏡)をご覧ください。

関連リンク