すばる望遠鏡、遠方銀河核からのアウトフローの立体視に挑戦

信州大学、奈良高専、国立天文台、東京大学カブリIPMUの研究者を中心とする研究グループは、およそ100億光年彼方にあるクェーサー(銀河中心核)の姿を2つの別の角度から観測することに成功しました。通常の深宇宙の観測においては、対象となる天体があまりに遠くにあるために、その姿を右から見たり、左から見たりすることができません。本研究では、「重力レンズ効果」を利用して、クェーサーからのガスの流出を別の角度から見ることに成功しました。これにより、謎に包まれていた小さな銀河中心核から吹き出すガス流には、角度による濃さの違いがあることが確認できました。このガス流は、ゆくゆくは銀河スケールにまで広がり、銀河全体の進化にも影響を及ぼすことになります。今回の成果は、すばる望遠鏡の大集光力とすぐれた分光能力が活かされた観測と言えます。

クェーサーSDSS J1029+2623(約100億光年)、銀河団(約50億光年)、および観測者のいる地球の位置関係、および重力レンズ効果の概念図。
ハッブル宇宙望遠鏡で観測されたSDSS J1029+2623領域の合成カラー画像。手前にある銀河団によって重力レンズ効果を受けたクェーサーのレンズ像(A、B、C)および、その銀河団に所属する銀河の姿が示されています。研究グループは、比較的明るいレンズ像AとBに対する分光観測を行いました。

詳しくは、すばる望遠鏡、遠方銀河核からのアウトフローの立体視に挑戦(すばる望遠鏡)をご覧ください。

論文掲載誌

この研究成果は、米国の天文学専門誌『アストロノミカル・ジャーナル』に掲載されました。
Misawa et al. 2013, The Astronomical Journal, 145, 48

関連リンク

この記事はキッズ向けページがあります。

モンスター銀河の別の顔、現る 印刷版

Space Scoop

ユニバース・アウェアネスは、世界のこどもたちに宇宙の広さや天体の美しさを感じてもらうために、教材やニュースの配信を行っているサイトです。ユニバース・アウェアネスのコンテンツ「スペーススクープ」の記事は、本記事をキッズ向けに再構成して公開しています。